サイトマップ

土壌改良材パーライト【黒曜石ビーナスライト・真珠岩太平洋パーライト】

土壌改良材のパーライト、黒曜石と真珠岩違いは?

パーライトと一括りに言っても、黒曜石と真珠岩ではその効果が違うんです。用途に合わせて使えるように違いを知っておきましょう。

パーライトとは

黒曜石や真珠岩などを高温で熱処理し、人工的に作られた発泡体です。多孔質で排水性に優れ軽量の為、土壌改良材や培養土原料としてよく用いられます。

黒曜石、真珠岩パーライトの使い分け

簡単にまとめますと、現在の土壌が水はけが悪い、蒸れて根腐れをおこす等の問題がある場合は、黒曜石のパーライト(ビーナスライト)を使用すると改善します。
山砂のように水をあっと言う間に吸収するが、ザルのようにいっきに抜けてしまう場合には、真珠岩のパーライト(太平洋パーライト)を使用して下さい。
造園業の植木の植樹の時などは、底に黒曜石パーライトを敷詰め排水性・通気性を確保しています。

拡大すると解りますがそもそも形状が違います
黒曜石黒曜石パーライト拡大した様子
真珠岩真珠岩パーライト拡大した様子

ビーナスライト(黒曜石パーライト)

黒曜石パーライト 規格:50L/袋
黒曜石パーライトの詳細・購入はコチラ

ビーナスライトは、長野県諏訪国有林(海抜1500m)埋蔵の黒曜石を約1000度で高熱焼成発泡した無機質超軽量れき状骨材です。粒度は粉末よりにぎりこぶし大に至る幅広いものです。
化学製品に比べ断熱、保湿性と同時に耐火性(1380度)の大きい無機質素材で、附着水はミネラル水となりイオン交換性能も認められます。
特徴として、土壌改良に使う場合は、土壌の通気性・排水性の調整、向上を目的として用いられます。

発泡の様子

※黒曜石を熱するとポップコーンの様に膨れて発泡します。

太平洋パーライト(真珠岩パーライト)

太平洋パーライト 規格:100L/袋
真珠岩パーライトの詳細・購入はコチラ

真珠岩のパーライトは、軟らかく粒径も5mm程度までの大きさとなります。
様々な分野で利用されていますが、農園芸分野では主に土壌改良材として、保水性の調整、向上を目的として用いられます。

関連ページ

園芸分野の記事

ページのトップへ戻る