サイトマップ

庭の雑草対策と駆除

除草剤サンフーロン

庭の雑草の種類とその対策駆除について知りたいのですが?

雑草の種類も多種に渡り、効果的な防草対策を行おうと考えるといくつかの方法があります。これまでの雑草対策資材販売の経験から効果的なものをいくつかご紹介致します。

庭、非農耕地に比較的多く確認でき、お困りの声が出る種類の雑草

庭、非農耕地に多い雑草

チガヤについて[イネ科/多年草]

道端、庭、畦畔など多様な場所に、全国的にも生息する。地下茎を伸ばすことで繁殖する。生長すると穂を出し大きく成長する。

チガヤの防除について詳しい記事

スギナについて[トクサ科/多年草]

庭、道端、畑地、土手などに多く生息する。特に酸性の土壌に好んで生える。地下茎を四方に伸ばし節々から芽を出す。春早く胞子茎(ツクシ)が現れ、次に栄養茎(スギナ)が現れる。スギナは、高さ30~60cmにもなる。次々と生え完全に処理するのは大変。

スギナの防除について詳しい記事

スズメノカタビラについて[イネ科/1年草または多年草]

春のイネ科の代表的な草で、畑地、庭、道端など至るところに生育する。多くは秋に発生する。茎は平たく、分けつして株になり、高さ5~30cmになる。2月頃から夏まで花が咲く。

スズメノカアビラの防除について詳しい記事

雑草防止に長い間使える防草シートがとても便利!

防草シート(ぼうそうしーと)とは?

庭、建物の周囲などの雑草を抑えたい場所に耐久性のあるシートを敷いて長期間草が生えないようにするのが防草シートです。
また、砂利を敷く時に一緒に敷くことで、砂利の埋没や雑草が生えてくるのを抑えることができ大変便利です。

防草シートで雑草防止

主要な防草シート3種

雑草を根まで枯らして効率的に駆除する除草剤

どんな除草剤?

グリホサート系の除草剤がおすすめです。葉に散布することで根まで枯らすことができます。
中でも、「サンフーロン」は農耕地にも使用が可能な除草剤で、散布後に土に触れると薬効が無くなるため、土壌、地下水への残留の心配がありません。

サンフーロンは、根まで枯らせるタイプの除草剤でラウンドアップマックスロードに次ぐ売り上げ実績です。農耕地でも使用でき、安価なため、コストを抑えたい場面での使用が多いです。

除草剤サンフーロン

サンフーロンの効果を動画で確認

除草剤サンフーロンについて

中々無くならないコケ類どう駆除すればいい?

ゼニゴケについて[ゼニゴケ科]

ゼニゴケ

庭などの日陰で湿った場所を好んで繁殖する苔類になる植物。北海道から九州まで広く分布し主に人家の周辺で繁茂する。この種類は、地面に張り付くように広がり非常に除去し難い。
基本的には、雌雄異株であるが、それぞれが無性生殖で増えることができ、雌株から増えるのは雌株のみ、雄株から増えるのは雄株のみとなる。
除草剤が基本的に効かない為に、日陰などの湿った場所で除草剤を使い他の雑草を駆除しても、後にゼニゴケの格好の繁殖場所となることも珍しくない。

ゼニゴケ専用駆除剤コケそうじについて

ゼニゴケ専用コケそうじ

庭に生えるワカメ、イシクラゲはとっても厄介

庭に生えるわかめ イシクラゲ

お庭や駐車場に発生するワカメのような藻、それがイシクラゲです。晴天時はカラカラに乾燥し、縮んでいるためほとんど目立ちませんが、雨が降ると数倍に膨らみ瑞々しいワカメのような姿になります。そのため、雨天の後に気持ち悪いワカメが突然発生したかのように感じられます。見た目の気持ち悪さに加えて非常に滑りやすいため、通り道などに発生すると非常に厄介です。コチラも普通の雑草とは異なる構造のため、通常の除草剤が効かないのが特徴です。

イシクラゲに優れた効果 専用駆除剤

コケそうじ2l
  • コケ駆除剤コケそうじ、コケ全般に加え、イシクラゲに対しても優れた効果を発揮します。
    ※上記でご紹介している【ゼニゴケ専用コケそうじ】とコチラの通常の【コケそうじ】は成分の異なる別の駆除剤となりますのでご注意ください。

雑草対策、駆除、除草の種類

一言で雑草対策をするといっても方法は沢山あります。体力、時間、お金とどれを費やして処理するかは人それぞれですが、意外と知らなかった方法もあるかもしれませんので一通りピックアップしました。

雑草を《抜く、刈る》

まずは、体力と時間に余裕があるなら手で抜く、カマで刈る、草刈機で刈るといった方法です。
これは、誰しも最初に行う対策ではないでしょうか。夏に必至で草を抜き、綺麗にしたら一週間後には元通りの光景を目にし愕然とした人は多いはずです。そもそも、これらの方法は地中の根までは中々綺麗にとり切れるものではありません。草刈機など、地上部のみを切るだけですから雑草にしてみると死活問題にすらなりません。根と地上部スレスレ茎の部分に栄養がタップリとありますので楽々復活します。

雑草に《散布、撒く》

庭、住宅で使用出来る安全性の高い除草剤で雑草の防止、除去

次に一般的に知られている除草・防除・駆除作業と言えば、除草剤の使用です。
先程の抜いたり、刈ったりといった方法よりも体力を使わず、防草している期間も長くなります。それでも効果には、薬剤毎に様々でキチンと駆除したい雑草に対応しているか等の情報は欠かせません。
農耕地、非農耕地とあり、効果の強い除草剤もありますので気をつけて選ばなければなりません。

売れ筋の除草剤

地面に《敷く、覆う》

防草シートで雑草の防止、除去

次は、近年利用者が増加の傾向にある防草シートの使用です。
雑草を防ぎたい場所を整地した後、防草シートを敷きます。その上に砂利やバークチップ等を載せる場合もあります。防草シートを敷くことにより、雑草に日光が当らず光合成が出来ないので朽ちていきます。防草シートにも種類が沢山あり、材質にポリプロピレン・ポリエステルなどがあり、生地も大きく不織布と織布に分けられます。あまり安価なシートだと、施工後大して時間が経たなくとも雑草に突き破られてしまうものもあるので注意が必要です。

この便利な防草シートですが、敷く時のポイントを考慮して敷くだけで効果のある期間を延ばすことができます。そのポイントをまとめましたのでご覧ください。
防草シートを長持ちさせるには?耐用年数を伸ばす施工のポイント

むき出しのまま使用できる売れ筋の防草シート

地面に《敷いて載せる》

防草シート、砂利下シート

砂利を庭に敷き詰めたりする場合があると思いますが、その時は強く防草シート、砂利下シートを砂利の下に敷かれることをオススメ致します。
そうしなければ、砂利は徐々に土の中に埋まり、雑草も普通に生えてきてしまいます。これでは、砂利と労力の無駄になってしまいます。

砂利下で使用できる売れ筋の防草シート

人気の防草シート プランテックス(旧ザバーン)について

防草シート ザバーン 規格:多種類あり
プランテックス(旧ザバーン)の購入はコチラ
防草シート プランテックス(旧ザバーン) 詳細説明サイト

太い縦横無尽の繊維が幾重にもなり不織布を形成し雑草をくい止めます。一番厚手の240シーズは、突抜け性の強いスギナ・ハマスゲ等もしっかりと抑えます。
環境に安心なポリプロピレン製で、砂利下などの紫外線が直接当らない環境での使用は、半永久的に効果を期待できます。

実際に防草シート使ってみました

売れ筋の格安 除草剤サンフーロン

除草剤サンフーロン 規格:500ml~10L
サンフーロンの購入はコチラ
除草剤サンフーロン 詳細説明サイト

ジェネリック農薬で大変お求め安い価格となっております。グリホサートを主成分とし、葉面散布で薬剤成分が葉から吸収されると、根まで枯らすことが出来ます。
安全な面の特筆事項として、土に落ちると除草効果が無くなり、種まき、苗植えも可能となります。

防草シートに関係する情報

園芸分野の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る