サイトマップ

スリングベルト ラウンドスリングに使うコーナーパット、当て物

スリングベルト ラウンドスリングに使うコーナーパット、当て物

軽くて柔軟性があり、使用の場面が広がっているスリングベルトおよびラウンドスリングですが、重量物を吊るため正しく使用しないとベルト切断による重大な事故に繋がる恐れがあります。その中でも荷の横滑りによるベルト切断事故が特に増えています。今回はコーナーパットを使用したベルト切断事故防止についてご紹介致します。

(このページで紹介するコーナーパッドは国内製造メーカー丸善織物のJIS規格スリングベルトおよびラウンドスリング専用の物になりますのでご注意ください。)

切断事故を招くシャープエッジ(鋭い角)

シャープエッジ

ベルトスリングはワイヤースリングやチェーンスリングと比べて材質強度が劣るため、シャープエッジ(鋭い角)のある荷物負荷に弱い構造となっています。シャープエッジに横滑り(吊った状態で荷物が横方向に滑り落ちる現象)が加わると、摩擦熱が発生するため頑丈に作られているスリングベルトも切れてしまいます。このような事故を防ぐためにもコーナーパッドの使用をお奨めしております。

コーナーパットの使用

当て物

吊荷の角、特に鋭い荷の角によるベルトスリングの損傷に対し、最も確実で有効な予防策はコーナーパット等の当て物を使用することです。特に鋭い角をもつ荷を吊り上げる場合には、当て物の厚さはより厚いほどその効果は向上する傾向があります。下記の表は厚さ3mmの当て物を使用し、鋭い角の影響と当て物の効果を示した試験結果です。角の先端R=0mmで当て物なしの状態では、ベルトスリングの強度は約3分の1にまで低下してしまいます。

角の先端R強度保持率
当て物なし当て物有り
0mm34%77%
5mm62%88%

コーナーパットの紹介

コーナーパット

ベルトスリング25mm~100mm用は筒状に織り上げ、150mm用以上はベルトスリング生地を縫合して製作します。

適合ベルト幅タイプ厚さ(片面)幅×長さ
25mm用筒織2mm66mm×300mm
35mm用筒織2mm73mm×300mm
50mm用筒織2mm80mm×300mm
75mm用筒織2mm98mm×400mm
100mm用筒織2mm128mm×400mm
150mm用縫合4mm200mm×500mm
200mm用縫合4mm300mm×500mm
300mm用縫合4mm350mm×500mm

マジックテープ付コーナーパット

マジックテープ付コーナーパット

ベルトスリングをクレーンフックから外さずに任意の箇所に装着が可能なマジックテープ付きコーナーパット。作業性の高いアイテムです。

適合ベルト幅タイプ厚さ(片面)幅×長さ
25、35mm用縫合4mm55mm×300mm
50mm用縫合4mm70mm×300mm
75mm用縫合4mm95mm×400mm
100mm用縫合4mm120mm×400mm
150mm用縫合4mm170mm×500mm
200mm用縫合4mm220mm×500mm
300mm用縫合4mm370mm×500mm

国産JIS規格品の使用をお勧めしております。

当サイトでは、重量物の吊上げには国産JIS規格のスリングベルト・ナイロンスリングの使用をお勧めしております。

関連資材
ページのトップへ戻る