サイトマップ

熱湯は雑草対策に有効?

熱湯

熱湯は雑草対策に有効?

除草剤のような化学成分がなく、環境にも優しいということで熱湯で雑草対策をされる方が増えていますが実際のところどれ程の効果があるのでしょうか?今回は熱湯による雑草対策をプロの目線で解説致します。

なぜ熱湯で雑草が枯れるのか?

まずはもっとも基本的な熱湯により雑草が枯れる理由です。身もふたも無い言い方ですが、これは熱により枯死しているためです。バーナー等で焼いているのと同じ原理になるため、より効率よく熱を伝えることが重要となります。

熱湯で雑草対策は有効?

熱湯は間違いなく効果がありますが、雑草を枯死させるためには散布方法にも気を付けなければなりません。地面から露出している地上部は比較的簡単に枯れるのですが、根の部分まで枯死させるのは難しいのです。地中まで熱が伝わるよう、十分な量の熱湯を撒かなければなりませんし、根が横に広がり群生するタイプの雑草には広い面積に撒く必要があります。つまり、熱湯は根まで枯らさなければならない雑草とは相性が悪いといえます。

熱湯による雑草対策が有効な場面

インターロッキングから雑草

インターロッキングやコンクリートの隙間から生えてくる雑草には比較的有効と思われます。手では抜きづらく、根まで処理するのは中々難しいのですが、熱湯をたっぷりかければ根まで取り除けるでしょう。また、こういった場所の雑草は草丈が大きくならないのもポイントです。

熱湯による雑草対策が不向きな場面

庭や空き地など、広い面積の雑草防除には向いていません。こういった場所の雑草を熱湯で処理しようと思ったら、ドラム缶数個分の熱湯を用意しなければなりません。費用の面から見ても除草剤の方が安上がりだと言えます。

熱湯を使う際の注意

何といっても注意しなければいけないのが持ち運びです。ご家庭でお湯を沸かすとなれば、鍋やヤカン、ポットなどですがこれらをキッチンからお庭へ運び、雑草にかけるというのは予想以上に危険なもの。前述した通り、熱湯が大量に必要になるため何度も往復しなければなりませんがこの間にこぼして火傷をしてしまうリスクもあります。考え方によっては除草剤の方が遥かに安全だと言えます。 また、熱湯は雑草のみならず土壌中の細菌にも影響を与えるため、雑草処理後に 植物の栽培を考えている場合は不向きと言えます。

まとめ

熱湯による雑草対策は何と言っても火傷のリスクの高さにあります。また、湯を沸かす費用と雑草防除効果は全く吊り合いません。熱湯は環境に優しく、手軽にできる方法と考えがちですが、手間やリスク・費用対効果を考えると必ずしも最適とは言えません。

現実的な雑草対策

効果的に雑草を防除しようと考えるとやはり重曹を使用するのは得策ではありません。そこで多くの方が使用している「効果のある雑草対策のアイテム」をご紹介致します。

効果的な除草剤

雑草の処理には「雑草の根まで枯らせる除草剤 サンフーロン」

お庭の雑草対策には、根まで枯らせる威力なのに、土に触れたら分解される安全性の高い除草剤 サンフーロンが最適!

サンフーロンの効果を動画で確認

根まで枯らす除草剤サンフーロン
雑草に葉から成分を吸収させ、雑草を根まで枯らすグリホサート系の除草剤です。
散布後の土壌に成分が残留せず、人や環境への安全性も高く、
ジェネリック農薬なので価格も安価で「初心者の方でも使いやすい除草剤」です。

スギナ 等のしつこい強害雑草もしっかり枯らせます!

除草剤 サンフーロン スギナ 散布前 除草剤 サンフーロン スギナ 散布後   

除草剤 サンフーロンはスギナ 等のしつこい雑草もしっかりと枯らせます。
また、1本で幅広い雑草に使用でき、農耕地にも登録があるので幅広く使用できる除草剤です。

除草剤 サンフーロンは経費(コスト)を抑えたい方にオススメ!

除草剤 サンフーロン ラウンドアップ 価格   

ジェネリック農薬とは「オリジナルの薬剤と同等の成分、効果がある農薬」のことです。
除草剤「サンフーロン」は除草剤「ラウンドアップ」のジェネリック農薬で価格が安価に設定されている除草剤なので「経費(コスト)を抑えたい方」に最適な除草剤です。
また、散布後の雨に降られても大丈夫な時間は、現在流通している「ラウンドアップマックスロード」の方が短くて済むのですが、その点を考慮して散布すれば、しっかりと雑草を枯らすことができますので安心して「サンフーロン」をご使用頂けます。

そんな時に使用されているのが「防草シート」です。雑草を抑えたい場所に一度敷いてしまえば長期間雑草を抑えることができます。
とても便利だと、忙しい方を中心に利用されています。

除草剤 サンフーロン 7L特売品

長期の雑草対策には、除草剤散布後に防草シートを敷く

効果的な除草剤

除草剤を使用して枯らした後でもやがて雑草は新たに生えてきます。定期的に散布して駆除できればよいですが「時間とコストもかかるし・・・」とお悩みの方も多いです。

雑草対策 除草剤 サンフーロン 防草シート エコナル

防草シートは「手頃な価格でスギナ 等の強害雑草も防げるエコナル」

防草シート エコナル ブラウン 防草シート エコナル グリーン

防草シート エコナル
防草シート エコナルは「手頃な価格でスギナ 等の強害雑草を防げる防草シート」で高密度不織布でホツレがなく、透水性もしっかりしていて水も通す事ができるので安心です。
また、景観に合わせられるように「グリーン」と「ブラウン」の2種類のシートがございます。

丈夫な耐久性でスギナ 等の強害雑草も長期間防げます!

防草シート エコナル ブラウン スギナ 砂利下

上記の画像は「エコナル」と「市販の織り込み防草シート」を施工して砂利を敷いたものを半年が経過した状態で比較(砂利は一時的に除き)した画像です。「織り込み防草シート」は目合いの隙間からスギナが突き抜けている状態ですが、「エコナル」は問題なく防ぐことができています。

防草シート エコナル ブラウン:施工5年後の表面

防草シート エコナル ブラウン 5年後 表面 耐久性

上記はエコナル ブラウンを施工してから5年が経過したシート表面です。
穴が開きそうな劣化や傷などはありませんでした。
※使用場所や環境によりシートの状態は異なります。

コストを抑えての長期間の雑草対策が可能です!

防草シート ザバーン エコナル 価格 耐久性 比較

エコナルを世界で1番使用されている防草シート「ザバーン」と比較すると、
「ザバーン240BB」のが引っ張り強度が高く、厚く丈夫にできていますが、
「エコナル」のが㎡価格(平米価格)が砂利下専用の「ザバーン125BB」に僅差になるほど価格で「スギナ 等の強害雑草を防ぎ、むき出しでの施工が可能」ですので「むき出しでの施工、砂利下への施工」を行う場合は、「エコナル」を使用することで費用(コスト)を抑えての長期間の雑草対策を行うことができます 。


雑草対策でお悩みの方には「初回限定 特価セット」

雑草対策 セット 案内 防草シート エコナル 除草剤 サンフーロン 特価 セット 価格

【初回限定 お一人様:1点のみ】雑草対策トライアルセット
雑草対策を始めたい方に最適な「防草シート エコナル」と「除草剤 サンフーロン」のセット。
「除草剤 サンフーロン」は防草シートを敷く場所に加え、それ以外の雑草処理も行えますようにお庭の雑草処理では使い切りがしやすい「2Lサイズを1本」、「防草シート エコナル」は「1m×50mを1本(色指定可能:グリーン・ブラウン)」に特典として施工に必要な道具4点と固定ピンを添付して届いてすぐに作業ができるようにセットをお組み致しました。
価格も通常時よりも「お得な特価」ですのでこの機会に是非お試しをお願い致します。

関連記事

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

人工芝

その他造園資材

ページのトップへ戻る