サイトマップ

防草マット、除草マットとは?

長持ちする防草シート 防草シートランキング ボタンボタンボタン

防草マット、除草マットとは?

地面に敷くことで雑草が生えてくるのを防ぐのが防草マットです。厚いマットならば上から直接敷くことで雑草を枯らせますが、マットと地面の間に隙間があると捲れたり破れたりしてしまうので雑草を処理してからマットを敷くようにしましょう。

「除草マット」「除草シート」「防草シート」「雑草シート」などとも呼ばれています。

何故雑草を抑えられるのか?

防草マット、除草マットは光を遮断することで雑草の発芽・成長を抑制します。 限りなく遮光率を高めることで雑草の発生を抑えるのです。 また、コンクリートや固まる土などと違い、繊維の隙間から水や空気を通すため 土壌および周囲の樹木にも優しいのが特徴です。

反対に光と水を全く通さない物を不透水シートと呼びます。 水を通さない分、より強力に雑草を抑えますが、防草マットより厚手になるため 平米あたりの施工単価が高くなります。

防草マットの使い方

  • 施工場所に生えている雑草を綺麗に処理します。(可能ならば根まで取り除く)
  • 地面を平らに整地します。(石や切り株などを取り除きます)
  • 防草マットをできるだけ地面とぴったりくっつくよう敷いてピンで固定します。

地面と隙間なく施工することで防草マットの耐用年数が変わってきます。 より長持ちさせたい場合は雑草処理、整地をキチンと行ってからマットを敷きましょう。 また、マットだけだと見た目が悪いですが、お好みで砂利や樹木片を上から敷くこともできます。 砂利を敷くことで防草マットが紫外線から守られるため、より防草効果が長持ちします。

オススメの防草マット2種類

エコナル防草シート

「安いシートだとすぐダメになってしまう」「広い土地に敷くので価格はなるべく抑えたい」という 二つの意見を元に価格と効果のバランスを追及したのがこのエコナル防草シートです。 スギナやチガヤなどの強害雑草をキッチリ抑え、かつ長期間使用できます。 初めて防草マットを使用されるという方にオススメのシートです。

ザバーン防草シート

海外サイエンスメーカー「デュポン」が開発したシートです。 誕生から20年以上経った今でも世界各地で愛用されており、施工実績・販売数共にトップクラスです。 日本国内でも普及しており、品質の高さからプロ向けとされていましたが、 最近では個人で施工される方も増えています。

売れ筋の防草シート3種 特典満載の販売はコチラ

長持ちする防草シート 防草シートランキング ボタンボタンボタン
関連ページ

園芸分野の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る