サイトマップ

雑草を抜いた後の処理はどうすればいいの?

雑草を抜いた後は防草シート!雑草の再発防止に最適!

長持ちする防草シート 防草シートランキング エコナル
防草シート 見積り

雑草を抜いた後の処理方法

雑草 草抜き

草抜き・草刈り機で刈り取った雑草、少量ならまだしも量が多いと処理に困ってしまいますよね。 今回はご家庭でできる雑草処理方法についてご説明致します。

【 下準備 】抜いた雑草を乾燥させます

乾燥

とにもかくにも乾燥させることが重要です。刈り取った後の雑草はまだ生きているため、 そのまま埋めたりするとまた根付いてしまう恐れがあります。(ギシギシなど) また、水分を含んでいる雑草はとても重く持ち運ぶのにも一苦労です。 刈り取った雑草を山のように積んでおきたくなりますが、これだと中々内部まで水分が抜けないため できるだけ平たく、日光が当たるように干すのが理想的です。 また、前述した通り土に接していると根付いてしまう恐れがあるため、 できればブルーシートなどの上に置くのが良いでしょう。

【 処理案1 】乾燥させた雑草を地面に穴を掘って埋める

穴を掘って埋める

雑草は埋めることで堆肥として土に還ります。一番環境に優しい方法が土に埋めることでしょう。 (焼却処分するのが一番楽な方法ですが、近隣住宅に迷惑がかかるためやめましょう。 また、野焼きは法律でも禁止されています。) 手間などの問題から浅く掘って土を被せたい所ですが、雑草が完全に枯死していないと 根付いてしまう恐れがあるので30~40cm程掘ってから埋めるのが良いでしょう。

【 処理案2 】燃えるごみとして処理を行う

雑草 袋入れる 燃えるごみ

穴を掘るのが手間だという方は燃えるごみとして出すのが良いでしょう。多少お金はかかりますが、穴を掘る手間が省けます。 雑草を刈り取ってそのまま袋に詰めるとものすごく量が多くなってしまうので、前述した通り 一度乾燥させてかさを減らしましょう。また、乾燥後に軽くはたいて土を落とすのも忘れずに。

雑草 油断大敵
【 注意 】地中に雑草の根が残っていると再生する雑草
根が残ると再生する雑草

雑草の中には草抜きを行った際に根が残ってしまった際に根の1部からでも再生を行い、
「せっかく処理をしたのに再生し、再発してしまう雑草」がいくつかございます。
例としては上記の画像にございますスギナ、チガヤ、ヨシ、セイタカアワダチソウ、ドクダミ、ヨモギ、ススキ、クズ などがそれに該当し、地中の根までしっかりと処理ができていないと再生が始まってしまいますので「手や重機による草取りは推奨できない」ので注意が必要です。
また、上記の雑草は種子を飛ばすものもございますのでそちらの対策も必要とす。

【 改善案 】上記のような雑草の処理には「根まで枯らす除草剤」が最適!
雑草 根まで枯らす除草剤 サンフーロン ラウンドアップ

前述の通り、根が残っていると再生する性質を持っている雑草を手や重機による草取りはオススメできません。(物理的に除去するならば、造園業者様が行うように表土数十cmを根こそぎ取り払い、ドクダミの混入していない新しい土を入れる方法が確実です。)
そこで当サイトでは根まで枯らすタイプの除草剤をオススメしております。グリホサート系の除草剤は葉から入って根まで枯らす性質をもっているためドクダミの駆除に最適です。サンフーロンラウンドアップなどが有名ですが、ジェネリック農薬(特許切れで安価に製造できる農薬)で価格も安いサンフーロンが特にオススメです。
サンフーロンラウンドアップともに50~25倍に薄めて使用しましょう。中々枯れない場合には25倍に濃くして散布するか、繰り返し撒くのが望ましいです。グリホサート系の除草剤は土に触れると分解される性質を持っているため、土や根に向けて撒くのではなく、葉や茎に向けて散布しましょう。

除草剤 サンフーロン 使用例:スギナ

雑草 スギナ 除草剤 サンフーロン 使用前 雑草 スギナ 除草剤 サンフーロン 使用後

除草剤 サンフーロンは経費(コスト)を抑えたい方にオススメ!

除草剤 サンフーロン ラウンドアップより価格安い   

ジェネリック農薬とは「オリジナルの薬剤と同等の成分、効果がある農薬」のことです。
除草剤「サンフーロン」は除草剤「ラウンドアップ」のジェネリック農薬で価格が安価に設定されている除草剤なので「経費(コスト)を抑えたい方」に最適な除草剤です。
また、散布後の雨に降られても大丈夫な時間は、現在流通している「ラウンドアップマックスロード」の方が短くて済むのですが、その点を考慮して散布すれば、しっかりと雑草を枯らすことができますので安心して「サンフーロン」をご使用頂けます。

除草剤 サンフーロン 根 枯らす
【 対策案 】飛来する雑草の種子には「防草シート」が最適!
雑草 飛来する種子対策 防草シート ザバーン エコナル

雑草対策方法として一番オススメなのが防草シートです。 地面の上に直接特殊シートを敷いて、日光を遮断することで雑草を抑える方法です。 除草剤などと違って、繰り返し作業をする手間が無く、一度の施工で長期間雑草を抑えます。 また、表面に薬剤が塗られていないこと、空気と水を透すことなどから非常に環境に優しい点も 見逃せません。 ただし、ホームセンターなどで売られている安物の防草シートではすぐに生地が破けて雑草が 生えてきてしまうため、良質なものを選ぶようにしましょう。

オススメはエコナル防草シート

エコナル

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

ザバーン防草シートも人気!

ザバーン

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

2つの防草シートのコストや耐久性を比較すると・・・

防草シート ザバーン エコナル 価格 耐久性 比較

弊社限定の防草シート「エコナル」と実績豊富な防草シート「ザバーン」を比較すると、
「ザバーン240BB」のが引っ張り強度が高く、厚く丈夫にできていますが、
「エコナル」のが㎡価格(平米価格)が砂利下専用の「ザバーン125BB」に僅差の価格になっていて「スギナ 等の強害雑草を防ぎ、むき出しでの施工が可能」ですので「むき出しでの施工、砂利下への施工」を行う場合は、「エコナル」を使用することで費用(コスト)を抑えての導入が可能で長期間の雑草対策を行うことができます。

【 弊社推奨 】長期間の雑草防除に最適な方法をご紹介!

雑草の駆除方法と対策方法

防草シート エコナル 除草剤 サンフーロン

手順1:「除草剤 サンフーロン」で雑草を根までしっかり枯らしましょう!

雑草を駆除する際には、葉と茎から入って根まで枯らす「除草剤サンフーロン」が効果的で
「根が残ると再生してしまう雑草を根までしっかり枯らすことができる」ので最適です。
また、サンフーロンは「対応できる雑草が多く、農耕地にも登録がある除草剤」ですので
同時に幅広い雑草を枯らすことができ、色々な場面で使用できる除草剤です。

手順2:「エコナル防草シート」で除草した地面を綺麗に保ちましょう!

サンフーロンで除草した部分をそのままにされてしまいますと外部より飛来する雑草の種子が発芽がすることで「雑草を処理したのに再発した」という事態になってしまいますので
こちらの対策は、「エコナル防草シート」の施工が最適となります。
エコナル防草シートは強害雑草(スギナ・チガヤ 等)もしっかりと防ぐことができ、
「高密度不織布で作られていて丈夫でホツれず、透水性もあって安心のシート」なので
「飛来した種子が発芽できない環境」を作ることができ、綺麗な景観を保つことができます。

2つの資材はお得な特価セットで購入可能
4. 雑草対策でお悩みの方に最適な「初回限定 特価セット」のご案内
防草シート エコナル 除草剤 サンフーロン セット 防草シート エコナル 除草剤 サンフーロン セット

【初回限定 お一人様:1点のみ】雑草対策トライアルセット
雑草対策を始める方に最適な「防草シート エコナル」と「除草剤 サンフーロン」のセット。
「除草剤 サンフーロン」は防草シートを敷く場所に加え、それ以外の雑草処理も行えるようにお庭の雑草処理では使い切りがしやすい「2Lサイズを1本」、「防草シート エコナル」は「1m×50mを1本(色:グリーン 又は ブラウン)」に施工に必要な道具4点と固定ピンを添付し、届いてからすぐに作業ができるセットにできています。
価格も通常時よりも「お得な特価」となっておりますので是非ご確認をお願い致します。

関連ページ

園芸分野の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る