サイトマップ

お庭の砂利が沈まないようにするためには? 沈み防止方法

お庭の砂利が沈まないようにするためには? 沈み防止方法

お庭に砂利を敷くと見た目にも美しく、雑草を抑え、防犯にも効果的です。良いことづくめの砂利敷きですが、時間の経過と共に土中に沈んだり散らばったりして量が少なくなってしまいます。そこで今回は砂利が沈まないようにするための方法をご紹介致します。

砂利下には防草シートの施工が最適

防草シートとは、地面に直接敷くことで雑草発生を長期的に抑えるシートのことを指します。砂利と合わせて防草シートを敷くことで優れた相乗効果を発揮します。

砂利下シート

図のように砂利下に防草シートを敷くことで砂利の埋没を防ぎます。さらに砂利の隙間から生える雑草を抑えるため、草取りに費やす手間と時間を大幅にカットします。また反対に、砂利は日光を遮断するため、下に敷いたシートが劣化しづらく、通常よりも長持ちします。

砂利の下に防草シートを敷くと水が溜まる?

ほとんどのシートは水と空気を通す作りになっているため、水が溜まる心配はありません。ただし、元々の土壌の水はけが悪く、水たまりができやすい場所では、防草シート施工後も水たまりができる場合がございます。

砂利下に敷くオススメの防草シート

砂利が沈まないようにするのが目的ならば、安い防草シートやブルーシートでも良いとお思いかもしれません。しかし安いシートではいけない理由があります。

シート突き抜け雑草

安い防草シートでは土中から生えてくる雑草の芽を抑えることができず、編み目の隙間から突き抜けて生えてくる場合があるためです。写真は砂利下に防草シートを敷いた場合の比較ですが、ホームセンターで売られている安い防草シートでは隙間から雑草が突き抜けて生えてきているのがわかります。

シート突き抜けの比較

そこでオススメしているのが【エコナル防草シート】です。上の比較写真を見てもわかるように雑草の突き抜けをしっかり抑えています。【エコナル防草シート】は価格と機能のバランスが良く、費用を抑えつつ砂利下に敷きたい場合に最適です。

駐車場と砂利

駐車場の砂利下には【ザバーン防草シート】が良いでしょう。エコナル防草シートよりも厚くて丈夫なため、車が乗っても破れる心配がありません。(十分に転圧のされていない土地ではこの限りではありませんのでご注意ください。)

関連ページ

園芸分野の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る