サイトマップ

盆栽、観葉植物に肥料を効果的に与える方法

盆栽、観葉植物に肥料を効果的に与える方法は?

狭い鉢の中で根を張っている盆栽や、観葉植物。これらに肥料を与えるにもタイミングや水遣りなどによる流亡によって効果的な肥料を与えることは中々難しいものがあります。そこで上手く肥料分を与える為の手段をご紹介です。

不足しがちな肥料

盆栽や観葉植物などのように狭い鉢の中で生きている植物は、土の量も限られている為に通常の光合成量や水だけでは、うまく生長しません。
うまく育てる為にも適度な肥料を与えて下さい。その時に、気をつけなければならないのは、鉢という狭いスペースの中で一度に多くの化成肥料や液肥を与えてしまうと、あっと言う間に「肥料焼け」を起こしてしまう場合がありますので注意が必要です。なるべく緩行性の固形肥料や、規定量よりも希釈倍率を高め薄めたものを何度かに分けて与えると安心です。

盆栽や観葉植物へ肥料を与える時期

栄養分が不足しがちになる3月~7月中頃の成長期にあたる時期、冬越しの力を蓄える9月中頃~11月にかけて与えるとよいです。
真夏の気温が高い時期、逆に真冬の生育が停止している時期、花が咲いている時期、実が結実している時期に肥料は与えません。
肥料を与えるときは、根に当らないように根元から離れた場所の土の表面に置くか、浅く埋めて下さい。

肥料の効果を高める、肥料に頼らず盆栽、観葉植物の生長を高める方法

以外と省スペースの鉢に肥料を与えるのは気を使います。大事にしている盆栽や観葉植物に与える時は尚のこと注意が必要です。
そんな心配を解消し、少ない肥料を利用し最大限の効果を得る方法があります。

盆栽、観葉植物の光合成量を増やす

上記にも書きましたように、肥料の力のみに頼ると、思わぬ失敗をしてしまいます。そんな場合は、植物の光合成量を増やすということです。
植物の光合成量を通常よりも増やすことで根張りが改善され、与えられた肥料分をシッカリと吸収するようになります。そうする事で少量の肥料でも元気にすることが出来ます。
色々な面から完全を計ることが回復への近道となります。
肝心の光合成量を増やすことが出来るアイテムが、「活力剤スーパーバイネ」です。天然の成分を用いた活力剤なので盆栽、観葉植物に与える時期を選びません。

天然活力材スーパーバイネ

天然活力材スーパーバイネ 規格:2kg/袋
スーパーバイネの詳細・購入はコチラ

キトサンオリゴ糖を用いた天然活力剤です。光合成量を増やすことで根張りを良くし、植物の生育を回復させます。肥料成分は殆ど入っておりませんので、与え過ぎや与える時期を気にする必要がありません。

関連ページ

園芸分野の記事

ページのトップへ戻る