サイトマップ

観葉植物 冬の寒さ対策・育て方

【資材のご紹介】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
造園資材 マルチング バークチップ 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売

観葉植物 冬の寒さ対策・育て方

観葉植物 冬 育て方 寒さ 対策

観葉植物は冬のない熱帯の植物で日本の寒い冬を越すには低下する気温(寒さ)に対策を行い、育て方にも工夫を行っていくことが大切です。そこで、今回は冬に観葉植物を育てる際に効果的な寒さ対策(保温方法)や方法、注意点をまとめたいと思います。

観葉植物 冬の管理方法

観葉植物の置き場所

観葉植物 冬 置き場所

観葉植物の多くは熱帯の植物なので外の気温が15℃以下になってきたら室内で管理をするようにしましょう。置く場所としてはできるだけ暖かくて明るい場所で南か東側の日が指す方向に置くと効果的です。避けた方が良い場所としては北側や玄関はよく冷えるので注意が必要で窓際に置く場合も少し離すようにして距離を開けて置くようにすると効果的です。
また、暖房の温風が直接当たる場合は水分が葉が枯れる原因になるので避けましょう。

冬の水やりについて

観葉植物 冬 水やり 根腐れ 注意

冬に観葉植物を枯らしてしまう多くの原因は水の与えすぎによる「根腐れ」です。
観葉植物は熱帯の植物なので寒い冬になると「根が休眠していて土壌からあまり水を吸い上げる事なく、眠っているが呼吸をしている状態」になり、土壌の水を吸い上げずにすぐに乾くことはなくなりますので「春から秋までの成長期と同じ方法で水を与えてしまう」と「土壌が湿った状態が続き、やがて根は呼吸できない状態」になるので注意が必要です。
また、水を与える時は暖かい午前中に常温に近い温度の水で与えるようにすると効果的で土が乾いた後の2~3日後に水やりを行うようにし、乾燥気味で管理するようにすると効果的です。

【オススメ】葉が枯れるのを防ぐには「霧吹き」が効果的!
観葉植物 冬 水やり 霧吹き

冬は暖房などで室内の空気が乾燥するので観葉植物の葉の水分が奪われ、葉が傷んでしまう場合があります。対策としては、葉に霧吹きで常温の水をかけて湿度を上げるようにすると効果的です。

冬の寒さ対策 保温方法

観葉植物 冬 寒さ対策 保温

冬の室内は外に比べて暖かい場所ですが気温が下がる深夜から朝方、気温が低い寒い日の夜などは室内でも保温を行うようにすると効果的です。
保温を行う為の資材としては観葉植物用のビニールハウスや器具も売られていますが、身近にあるものでも十分保温を行うことができます。また、人が使う暖房器具からの熱や風は観葉植物を過度に乾燥させてしまうので弱らせる原因や葉が枯れる原因に繋がるので注意しましょう。

【保温方法】
ビニールやダンボール、発泡スチロール、小型の温室を活用しましょう!
観葉植物 冬 寒さ対策 保温

【オススメ】家庭用 小型ビニールハウス・ビニール温室 一覧
観葉植物は気温が下がる深夜から朝方、気温が低い寒い日の夜などは「ビニールに穴をあけて隙間を作ってから被せる」や「ダンボールや発泡スチロールで鉢の周りを囲む」と保温効果があるので効果的です。また、一般の方でも扱いやすいサイズの温室が近年では発売されているので「家庭用の小型温室に入れて育てる」事もオススメです。日中の暖かい時間は風通しを良くしておき、夕方の冷え込む前に準備すると効果的です。

【保温方法】
バークチップでのマルチングも効果的です!
観葉植物 冬 寒さ対策 保温 マルチング バークチップ

【オススメ】業務用バークチップ
「霜柱や土の凍結」には「バークチップ」でのマルチングが効果的でオススメです。
バークチップを土壌の表面に敷くことで地面の乾燥を防止して保温して温度を保つことができるので霜柱や土の凍結にとても効果的です。また、泥はね防止による黒点病や雑草の発生防止、コガネムシ対策にも効果的です。
※ バークチップを敷く場合は水やりをやり過ぎないように注意してください。

まとめ:観葉植物 冬の寒さ対策・育て方

観葉植物 冬 寒さ対策 保温 まとめ

冬に観葉植物を育てる場合はできるだけ暖かくて明るい室内に取り込み、寒さへの対策として保温での寒さ対策やバークチップでのマルチングなどを行い、水やりをやり過ぎないようにし、葉に霧吹きで水をかけて湿度を保つことで葉が枯れるのを防ぎながら育てていくのが効果的です。

冬 観葉植物向け - オススメ資材のご紹介 -

【イチオシ資材】一般の方にも使いやすい低価格の家庭用ミニ温室!
温室 ハウス ビニールハウス ビニール温室 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売
【イチオシ資材】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
造園資材 マルチング バークチップ 黒松 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売
関連ページ

園芸分野の記事

ページのトップへ戻る