サイトマップ

お庭の雑草対策 ウッドチップ(バークチップ)でのガーデニング

【資材のご紹介】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
造園資材 マルチング バークチップ 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売

ウッドチップ(バークチップ)での雑草対策

造園資材 マルチング ウッドチップ バークチップ

お庭のガーデニングや雑草対策に敷く資材として人気の「ウッドチップ」や「バークチップ」の特徴や使い方(敷き方)、効果についてまとめてみました。

ウッドチップやバークチップを敷く用途と効果

用途1:花や木のマルチング

造園資材 マルチング ウッドチップ バークチップ 植物 花 木 マルチング

ウッドチップやバークチップは植物(花や木)を植えた土の表面に敷くことで根を乾燥から守り、温度の急な上昇や低下を防ぐことができるマルチング資材です。また、害虫(コガネムシ等)の侵入を防ぎ、害虫の被害から花や木を守ることや雑草の発生を防ぐことができます。
※ 関連記事:
お庭のマルチング資材 バークチップを失敗せずに綺麗に敷く方法とは?

用途2:お庭や花壇のガーデニング・雑草対策

造園資材 マルチング ウッドチップ バークチップ 花壇 ガーデニング 造園資材 マルチング ウッドチップ バークチップ お庭 ガーデニング

ウッドチップやバークチップをお庭に敷くことで雑草を発生しにくくできます。
雑草の成長や種子が発芽するために必要な光を遮ることで雑草の発生を抑制できます。
また、分厚く敷きつめるほど雑草が生えにくくなりますが強害雑草(スギナやチガヤ)などの厄介な雑草を抑制する場合にはウッドチップやバークチップだけでは抑えることはできないので敷く前に除草剤などで根まで雑草を処理した後に下地として防草シートを敷くことを推奨致します。
※ 関連記事:
お庭のガーデニングや観葉植物、花壇に敷く最適なマルチング材は?

用途3:ドッグラン・グランドカバー

造園資材 マルチング ウッドチップ バークチップ ドッグラン グランドカバー

ウッドチップやバークチップはお庭の地面に敷くことでドッグランやグランドカバーの資材としても利用することができます。マルチングや雑草の発生を抑制する効果に加え、ドッグラン内を動く犬の足や肉球への負担を軽減することや環境の改善(臭いや暑さ、害虫の対策)ができます。
※ 関連記事:
ドッグランに敷くのはバークチップとウッドチップのどちらが良いか?(選び方・敷き方)

ウッドチップやバークチップでの雑草抑制について

雑草 スギナ チガヤ

上記のようなスギナやチガヤなどの強害雑草はウッドチップやバークチップでの雑草抑制では防ぐのが難しく、生えている強害雑草(スギナやチガヤ)を草抜きで処理した場合でも根が地中に残ってしまうとそこから再生してしまう非常に厄介な雑草です。また、防草シートを敷いた場合にも安価な織布の防草シートの場合は突き抜けて表面に出てきてしまう場合があるので対策が必要です。

【対策方法 除草】
スギナやチガヤを根まで枯らすには・・・
雑草 スギナ チガヤ 除草剤 サンフーロン

【オススメ】根まで枯らす除草剤 サンフーロン
除草剤 サンフーロンは水で希釈し、散布を行う「雑草を根まで枯らせる除草剤」で
雑草が生えている状態で葉に散布しますと晴れた日なら6時間程度で成分がすぐに吸収され、
しつこい雑草として有名なスギナやチガヤ なども根までしっかり枯らせます。
また、人や動物に対しての安全性が高い除草剤で使用後に1日が経過し、
乾いている状態になると散布した地面に薬剤の成分が残留していない状態になり、
成分も植物にしか効かないものを採用しているので初心者の方にもオススメです。
また、定番品のラウンドアップと比較して価格が安価なのでコストの削減にも効果的です。

【対策方法 防草】
スギナやチガヤを防ぐ方法は・・・
防草シート エコナル ブラウン

【オススメ】防草シート エコナル ブラウン
防草シート エコナル ブラウンは弊社オリジナルの防草シートで「安価で強害雑草(スギナやチガヤ など)を防げる茶色の不織布防草シート」です。
防草シートの色が茶色でバークチップの下に敷いた際に景観に馴染みやすい色をしていて耐久性も高いシートなので雑草の発生を長期間抑えることができるので効果的です。

雑草 スギナ チガヤ 防草シート エコナル ブラウン 砂利 使用例

上記の画像は左側に防草シート エコナル ブラウン、右側に市販の織り込み防草シートを施工し、半年が経過した際の様子を比較(撮影のために砂利を一時的に除いて)した際のものです。
市販の織り込み防草シートはスギナが突き抜けている状態ですが、エコナル ブラウンは問題なくスギナを防ぐことができています。

ウッドチップとバークチップの違い

造園資材 マルチング バークチップ ウッドチップ 違い

「ウッドチップ」と「バークチップ」は木材から同じように作られるマルチング材ですが、
施工場所や使用用途によって適した種類や注意点、サイズの分け方 等が異なっています。
そこで、下記にバークチップとウッドチップの主な違いをまとめてみました。

ウッドチップ:特徴と利点

造園資材 マルチング ウッドチップ 庭
ウッドチップの素材と構造
ウッドチップは「杉やヒノキ、クスノキなどの木材を細かく粉砕して作った資材」で
ウッドチップの材料になる木材は豊富な種類があり、材料によって香りが異なっていて
防虫に強いもの(白アリに強いサイプレス 等)などもある種類が豊富な資材です。
ウッドチップのポイント(景観と整備、特徴)
・豊富な種類があるので好みのものを選びやすい。
・バークチップと比較して1粒当たりが細かく、敷き詰める場合は量が多く必要になる。
・1粒あたりが細かいので粒が割れやすく、とげによる怪我に注意をする必要があります。
・環境の改善(臭いや暑さ、害虫の対策)に加え、雑草の発生を抑制できます。
・ドッグラン内を動く犬の足や肉球への負担を軽減でき、泥による汚れの対策などができます。

バークチップ:特徴と利点

造園資材 マルチング バークチップ 庭
バークチップの素材と構造
バークチップはウッドチップの一種で「赤松や黒松などの樹皮を採用した種類」のもので
従来のウッドチップと比較すると「1粒のサイズが大きく、丸みを帯びている形」をしています。
赤や茶色などの色味があるものが多く、ガーデニングや鉢栽培 などの用途で使用されています。
※ バークチップは白アリが巣を作れない資材なので白アリの耐性は高い分類に入ります。
バークチップのポイント(景観と整備、特徴)
・黒松の場合は茶色の落ち着いた景観、赤松の場合は明るい洋風の景観を楽しめます。
・ウッドチップと比較して1粒当たりの厚みがあるので広い面積を敷け、敷き詰めがしやすい。
・丸みを帯びているので厚みがあり、かけることや割れることが少なく、とげが発生しにくい。
・環境の改善(臭いや暑さ、害虫の対策)に加え、雑草の発生を抑制できます。
・ドッグラン内を動く犬の足や肉球への負担を軽減でき、泥による汚れの対策などができます。
捕捉:ウッドチップとバークチップを敷くことによるシロアリの発生について
造園資材 マルチング バークチップ ウッドチップ シロアリ 住処に適さないので住み着かない

ウッドチップとバークチップのどちらも木材から作られている資材ですので
「シロアリの発生や被害を心配する方の声も多いのではないか?」と思われますが、
シロアリが住み着く木材(住処)は厚さが1cm以上の厚みがないと暮らせず、ウッドチップとバークチップは厚みがない資材なので「シロアリの住処に適していない」ので弊社でも長年バークチップを販売しておりますが「シロアリの発生は報告がない」ので安心できるレベルには達しているのではないかと考えられるので「シロアリが発生する原因にはなりずらい」と思われます。

ですが、注意は必要で日があまり当たらない場所にウッドチップやバークチップを敷いた際は「湿気がこもりやすくて暗い状態」になり、虫が好む環境で集まりやすいので注意が必要です。
そのような場合は対策方法が必要で防虫効果のあるチップを選択して敷く、敷く厚さを1cm程度にして厚く敷かないようにする、施工場所に日が良く当たるように改善をする必要となります。

ウッドチップとバークチップを比較すると・・・

造園資材 マルチング バークチップ ウッドチップ シロアリ 住処に適さないので住み着かない

ウッドチップとバークチップの違いとしては材料の違いによるものでウッドチップは「木材(全体)」、バークチップは「松の樹皮のみ」を材料として作られた資材でその差を比較すると
「バークチップのが1粒のサイズが大きく、丸みを帯びている形にできている」、
「バークチップのがシロアリが発生しにくい」と言われています。
ですが、上記でも記述しておりますがシロアリは木材に1cm以上の厚みがないと住処として適さないとされていることに加え、防虫加工を行ったウッドチップ 等もあるのでその差は大きくないと思われるので従来のウッドチップと比較した際は「バークチップのが使用している素材の違いによってシロアリの耐性が少し高い」という違いがあります。

雑草対策で敷く場合はどちらが最適?

【推奨】雑草対策でお庭や花壇に敷く場合は「バークチップ」がオススメ!
造園資材 マルチング バークチップ 粒が大きい 広い面積にオススメ
【 バークチップ 推奨理由1 】
ウッドチップよりも少量で広い面積に敷き詰め可能!
造園資材 マルチング バークチップ

「バークチップ」を「ウッドチップ」と比較すると1粒が大きくできているので
「雑草対策でお庭や花壇に敷くような場合」には「バークチップ」を敷くことで「ウッドチップよりも1粒当たりの厚みがあるものを敷き詰める」ので広い面積に使用でき、「ウッドチップよりも必要量を少なく、コストを抑えて敷く」ことが可能です。

【 バークチップ 推奨理由2 】
粒に厚みと丸みがあるので形が崩れにくいので安心!
造園資材 マルチング バークチップ

「バークチップ」は「ウッドチップ」と比較して粒に丸みと厚みがあるので
「ウッドチップよりもかけずらくて割れにくく、とげが発生しにくい」ので安心で
敷いた場所から一時的に取り除く場合でもとげが発生しにくいので扱いやすく、
敷いたバークチップの上を犬などの動物が歩いた場合などでも動物の足や肉球への負担を減らすことで怪我をしにくい場所にできます。

弊社でお取り扱いのあるバークチップ - 資材のご紹介 -

【イチオシ資材】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
造園資材 マルチング バークチップ 黒松 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売
【関連資材】赤松のバークチップを安価でお探しの方にはコチラ!
関連ページ

園芸分野の記事

ページのトップへ戻る