サイトマップ

除草剤を使わない!お墓の雑草対策

除草剤を使わない!お墓の雑草対策

少し見ない間に繁茂する雑草。お墓は中々見に行けないし、除草剤を使うのもご先祖様に申し訳ない…。 そんな方のために今回は優れた雑草対策法をご紹介致します。バッチリ効果を発揮する、確実な方法となっていますので是非最後までご覧ください。

防草シートを使ったお墓の雑草対策

お墓に防草シート

ズバリ防草シートを使って雑草を抑えます。防草シートとは光を遮断して雑草の生育を抑える資材であり、地表をシートで覆うように使用します。シート自体は空気と水を透すため(一部通さない物もございます)、コンクリートや固まる土と違って排水経路や傾斜の心配をする必要がありません。何よりもコンクリートや固まる土と違って施工が簡単で、シート張りから撤去まで個人でできる所がポイントです。また、除草効果のある薬剤・成分を含んでいないため、非常に環境に優しい作りとなっております。防草シートの種類にもよりますが、数年間雑草の発生を抑えることができます。

防草シートをより長持ちさせる方法として、施工時の注意する点がいくつかありますのでご紹介致します。
防草シートを長持ちさせるには?耐用年数を伸ばす施工のポイント

お墓に防草シート2

ご覧のとおり、最大の欠点は見た目が味気なくなってしまうことですが、一石二鳥の改善方法をご紹介します。それは防草シートを敷いた上に砂利を敷くことです。

お墓に防草シート3

実は防草シートと砂利は相性抜群、一緒に使用することで素晴らしい相乗効果を発揮します。まず、下に防草シートを敷くことで砂利の土中への沈殿を抑制することができます。次に、上に砂利を敷くことでシートに当たる紫外線をカットし、より防草シートを長持ちさせることができます。シートの種類にもよりますが、砂利下に防草シートをしくことで数十年以上雑草を抑えている例が多数報告されています。

お墓に防草シート5

ただし、ここで気を付けなければいけないのが安い防草シートを使ってはいけないということです。なぜなら安い防草シートは繊維の隙間が広いいため、雑草の芽が突き抜けて生えてしまう恐れがあります。多少値段がかかっても高品質の物を使うようにしましょう。当サイトでは価格と機能のバランスが取れたエコナル防草シートをオススメしております。

お墓に防草シート4

また、「砂利だけでも雑草を抑えられるんじゃないの?」という意見を多くいただきますが、実際問題結構厳しいです。何故かというと砂利は粒の間に砂・泥が体積したり、粒の沈殿により地面が露出してしまうとそこから雑草が生えてきてしまうためです。お金だけかかって結局雑草が生えてきてしまった…ということにならないように防草シートの併用をオススメしております。

まとめ

お墓の雑草対策には防草シートがオススメです。地表にシートを敷くだけなので簡単なうえ、薬剤を含んでいないため環境に優しいのがポイントです。一度の施工で数年単位で雑草の発生を抑制することができます。
防草シートの味気ない見た目が気になる人には、砂利の併用をオススメしております。合わせて使用することで相乗効果を発揮して非常に長持ちするうえ、見た目にも美しくなります。
ただし、安い防草シートではすぐに雑草が突き抜けて生えてきてしまうため極力避けた方が良いでしょう。生地のしっかりしたエコナル防草シートがオススメです。

防草シートに関する記事

園芸分野の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る