サイトマップ

庭木・植木の水やり、適切な時間帯について

植木 庭木 肥料 活力剤 寒肥 スーパーバイネ グリーンパイル

庭木・植木への水やりの目的

植木 庭木 水やり

樹木にとって非常に大事な水やり。しかしそもそも水やりにはどんな役割があるのでしょうか?水やりによって以下のような効果が期待できます。
・根を通して植物に水分を吸収させる。
・葉から水分を蒸散し、体温調節を行う。
根から吸収する水分よりも葉から蒸散する水分が上回ると植物が萎れ、最悪の場合枯れてしまいます。水分を効率よく吸収させるための水やりのタイミングが重要といえます。

植え付け後、移植後の庭木への水やり

植木 庭木 移植 植えつけ

植え付け後、移植後の庭木は根がダメージを負っているため通常の庭木よりも水を吸い上げる力が弱くなっています。 そのため、水やりを頻繁に行う必要があります。

春・秋の水やり

植物にとっても過ごし易く、負担の少ない季節。成長のため活動が活発になっている時期でもあります。晴天が続くようでしたら1~2日おきに水やりを行います。

夏の水やり

猛暑と乾燥で植物が疲れやすい季節。水やりが非常に重要な時期と言えます。植え付け直後であれば1日2回水やりを行いましょう。この時、昼間の散水は水滴がレンズの代わりとなって葉を傷めるので早朝、もしく夕方に行うと良いでしょう。また、ホース内で温まった熱い水が樹木にかからないよう、出始めの水は捨てましょう。

冬の水やり

気温が下がり、植物も休眠状態に入ります。周囲の影響を受けづらくなるため土の入れ替えや、植え替えに最適な時期です。地面の状態を観察し、乾燥しないように水やりを行いましょう。夕方以降に水やりを行うと、冷たい水が根を傷める恐れがあるため昼間が最適です。

馴染んだ庭木への水やり

植木 庭木 馴染む

植え付け後、1年以上経っている樹木は土に馴染み根も伸びているため、移植後の樹木程水やりを行う必要はありません。ただし、晴天が続く日と夏場の猛暑には気を付けましょう。

春・秋の水やり

植物にとっても過ごし易く、負担の少ない季節。成長のため活動が活発になっている時期でもあります。 晴天が続くようでしたら3~4日おきに水やりを行います。

夏の水やり

猛暑と乾燥で植物が疲れやすい季節。水やりが非常に重要な時期と言えます。毎日、もしくは1日おきに水やりを行いましょう。この時、昼間の散水は水滴がレンズの代わりとなって葉を傷めるので早朝、もしくは夕方に行うと良いでしょう。また、ホース内で温まった熱い水が樹木にかからないよう、出始めの水は捨てましょう。

冬の水やり

気温が下がり、植物も休眠状態に入ります。周囲の影響を受けづらくなるため土の入れ替えや、植え替えに最適な時期です。晴天が続くようでしたら10日に1度水やりを行うと良いでしょう。夕方以降に水やりを行うと、冷たい水が根を傷める恐れがあるため昼間が最適です。

暑さ対策で水やりの回数が増える夏の今が使い時!
樹勢を回復させ、水やりを効果的にする活力剤が最適!

松の回復事例:活力剤 スーパーバイネ

松の樹勢回復

植木や庭木が夏の暑さによって弱ってしまったら天然活力剤スーパーバイネが疲労回復に最適です。弱ってしまった植木は肥料分を吸い上げる力が弱まるため、肥料を与えると根を傷めるだけで逆効果になってしまうのですが、スーパーバイネは活力剤のためその心配がありません。細根を増やし、栄養分・水分を吸い上げる力を伸ばすため、植木の樹勢を回復効果が見込めます。
また、植木や庭木の周囲にスーパーバイネを撒いておくと毎日の水やりによって成分が浸透していき、樹勢を回復させることができるので効果的です。

【イチオシ資材】
樹勢回復に効果抜群!簡単に使えて活力剤なので肥料焼けの心配なし!
スーパーバイネセール情報
購入ページへ移動

夏場の暑さの負担を和らげるためには?

夏場に厄介なのは何と言っても直射日光です。水やりを行っても1時間もすればすぐに土が乾いてしまいます。そこで土の乾燥防止にマルチング材の使用をオススメしております。マルチング材を敷くことで地表が直射日光に晒されるのを防ぎ、水分の蒸発を抑え、地表の急激な温度変化を防ぎます。この時、粒の細かい・軽いマルチング材を使用すると、周囲に散らばってしまい見た目が悪いうえに掃除も大変なためバークチップなどの粒の大きい物をオススメしています。バークチップは見た目に美しいのも◎

【イチオシ資材】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
造園資材 マルチング バークチップ 黒松 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売

使用事例:業務用バークチップ 植木・庭木のマルチング

バークチップ使用事例
関連ページ

造園分野の記事

庭木への施肥方法と時期

園芸分野の記事

ページのトップへ戻る