サイトマップ

モミジ(紅葉)への肥料のやり方、時期について

植木 庭木 肥料 活力剤 寒肥 スーパーバイネ グリーンパイル

モミジ(紅葉)への肥料のやり方、時期について

植木 庭木 モミジ 紅葉

日本の秋になると色鮮やかな赤の葉でお庭を飾ってくれるのがモミジ(紅葉)です。
モミジ(紅葉)に最適な肥料、そして肥料を与える時期についてご説明致します。

モミジ(紅葉)とは

植木 庭木 モミジ 紅葉

モミジ(紅葉)はカエデ(楓)の俗称で1部品種のものを読んでいるもので
カエデ(楓)と同様にムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属に属しているものです。
主に秋になると葉が赤色になるものがこれに該当しています。

モミジ(紅葉)肥料を与える時期

モミジ(紅葉)の効果的な施用時期は下記のようになります。

1. 地植え(庭植え)の場合

植木 庭木 肥料 モミジ 紅葉 グリーンパイル 寒肥

地植え(庭植え)の場合は寒肥として2月、4~5月の成長期、9~10月の充実期が効果的です。
※ 株を大きくすることができます。

2. 鉢植えの場合

植木 庭木 鉢栽培

鉢植えの場合は4~5月の成長期に1度施用するのが効果的です。

モミジ(紅葉)にオススメの肥料

植木 庭木 活力剤 モミジ 紅葉 スーパーバイネ

モミジ(紅葉)は寒肥として2月に または 4月~5月の成長期に緩効性肥料の施用が効果的です。
緩効性肥料はゆっくりと成分が溶け出すため、栄養分が溶け出して土中に十分に行き渡り、
旬のシーズンでの新芽・花芽を増やす働きが期待できます。
当サイトでは肥料と合わせて天然活力剤スーパーバイネの使用をオススメしております。
スーパーバイネは植木の細根を発達させ、光合成能力を発達させる働きを持っているため、
肥料と合わせて使用することで土中に溶け出した肥料分を効率よく摂取させることができます。
また、スーパーバイネも緩効性の活力剤となっているため、
最適な肥料分と同じペースで溶けだし効果を発揮します。

スーパーバイネと相性の良い肥料

植木 庭木 肥料 グリーンパイル 緩効性肥料 打ち込み型

【オススメ】打込み型肥料 グリーンパイル
打込み型肥料 グリーンパイルは「ラージ・ミニ・スモール」の3つのサイズから選べる打ち込み型の肥料で樹木の大きさや場所(地面)に合わせて最適なコストで施肥ができ、配合成分をN(窒素)-P(リン酸)-K(カリ)=17%-10%-10%で構成することで植物に必要な3要素を高成分で最適なバランスで補給することで樹木を強健で葉色が良い状態にし、花や実を付けやすくできます。
また、効果が長持ちで年間1回の施肥で緩効性肥料のように約1年効果が持続し、成分が土壌の深層までゆっくりと浸透していくので樹木の根を傷めることや肥料やけの心配がないので安心です。

スーパーバイネと相性の良い理由は・・・

植木 庭木 肥料 活力剤 スーパーバイネ グリーンパイル

スーパーバイネとグリーンパイルは「年間を通して溶けていく緩効性の活力剤」と「土壌の深層まで成分を浸透できる肥料」なので相性が良く、「グリーンパイルが土壌に浸透させた肥料成分」を「スーパーバイネが樹木を活性化させることで根からの吸収を促進する(助ける)」ことで「樹木に栄養をしっかりと吸収させ、健全な状態(樹勢が良い状態)にする」ことができます。
そのため、活力剤スーパーバイネと打込み型肥料グリーンパイルは年間1回の施肥の場合でも高い効果が期待でき、樹勢をしっかりと回復できるので効果的です。

使用事例:松の黄化回復

松の樹勢回復
  • 松の黄化回復にスーパーバイネ2kg・打ち込み型肥料4本を使用。
  • ご使用者様の感想:五葉松の黄化がひどくなり、木が弱り落葉する状態であった。
    すばらしいです。弱っていた五葉松が見事によみがえりました。
  • 施工場所:個人宅(山梨県甲府市)
  • 施工者:ご購入者様

使用事例:桜の花芽増加

桜の樹勢回復
寒肥 スーパーバイネ 桜
  • 桜の花芽増量にスーパーバイネおよび肥料を使用
  • 前年の同時期と比べて花芽が増えているのがわかります。
  • 施工場所:滋賀県内

今買うとお得!期間限定セール 実施中!

スーパーバイネセール情報
購入ページへ移動

まとめ

モミジ(紅葉)に肥料を与える際は、2月 または 4月~5月の成長期に行うと良いでしょう。
特に冬の間は根が休息状態なので土を掘り返しても傷める心配がありません。
肥料の種類は緩効性肥料(ゆっくりと溶け出す肥料)がオススメです。
休眠中の根を傷めず、春先の花が咲く季節までに栄養分が十分に行き渡ります。
また、肥料と合わせて天然活力剤スーパーバイネの使用をオススメしております。
細根を発達させる働きを持っているため、土中に溶け出した肥料分を効率よく吸収させることができます。

関連ページ

造園分野の記事

庭木への施肥方法と時期

ページのトップへ戻る