サイトマップ

植木 庭木 乾燥防止・凍結防止・雑草対策に便利なマルチング材は?

【イチオシ資材のご紹介】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
植木 庭木 マルチング バークチップ 価格 低価格 安価 高品質 通販 販売

植木 庭木 乾燥防止・凍結防止・雑草対策に便利なマルチング材は?

夏の暑い気候や日差しによる「地面の乾燥」、冬の寒い気候による「地面の凍結」、景観を乱す「雑草の発生」などでお悩みの方に最適なマルチング材をご紹介致します。

植木 庭木にオススメのマルチング材とは?

植木 庭木 マルチング バークチップ ウッドチップ

マルチング材といえば、画像(左:バークチップ、右:ウッドチップ)が有名な資材です。
どちらも木材を材料とした似ている資材ですがどちらが今回の使用用途である
「植木や庭木が植えてある地面に敷くマルチング材」としてどちらがより適していてオススメの資材なのかを比較していきたいと思います。

バークチップとウッドチップに違いはあるの?

植木 庭木 マルチング バークチップ ウッドチップ

「ウッドチップ」と「バークチップ」は木材から同じように作られるマルチング材ですが、 施工場所や使用用途によって適した種類や注意点、サイズの分け方 等が異なっています。 そこで、下記にバークチップとウッドチップの主な違いをまとめてみました。

ウッドチップについて

植木 庭木 マルチング ウッドチップ

ウッドチップは「杉やヒノキ、クスノキなどの木材を細かく粉砕して作った資材」で
ウッドチップの材料になる木材は豊富な種類があり、材料によって香りが異なっていて
防虫に強いもの(白アリに強いサイプレス 等)などもある種類が豊富な資材です。

バークチップについて

植木 庭木 マルチング バークチップ

バークチップはウッドチップの一種で「赤松や黒松などの樹皮を採用した種類」のもので
従来のウッドチップと比較すると「1粒のサイズが大きく、丸みを帯びている形」をしています。
赤や茶色などの色味があるものが多く、ガーデニングや鉢栽培 などの用途で使用されています。
※ バークチップも白アリが巣を作れない資材なので白アリの耐性は高い分類に入ります。

捕捉:ウッドチップとバークチップを敷くことによるシロアリの発生について
造園資材 マルチング バークチップ ウッドチップ シロアリ 住処に適さないので住み着かない

ウッドチップとバークチップのどちらも木材から作られている資材ですので
「シロアリの発生や被害を心配する方の声も多いのではないか?」と思われますが、
シロアリが住み着く木材(住処)は厚さが1cm以上の厚みがないと暮らせず、ウッドチップとバークチップは厚みがない資材なので「シロアリの住処に適していない」ので弊社でも長年バークチップを販売しておりますが「シロアリの発生は報告がない」ので安心できるレベルには達しているのではないかと考えられるので「シロアリが発生する原因にはなりずらい」と思われます。

ですが、注意は必要で日があまり当たらない場所にウッドチップやバークチップを敷いた際は「湿気がこもりやすくて暗い状態」になり、虫が好む環境で集まりやすいので注意が必要です。
そのような場合は対策方法が必要で防虫効果のあるチップを選択して敷く、敷く厚さを1cm程度にして厚く敷かないようにする、施工場所に日が良く当たるように改善をする必要となります。

ウッドチップとバークチップでの違いをまとめると・・・

造園資材 マルチング バークチップ ウッドチップ シロアリ 住処に適さないので住み着かない

ウッドチップとバークチップの違いとしては材料の違いによるものでウッドチップは「木材(全体)」、バークチップは「松の樹皮のみ」を材料として作られた資材でその差を比較すると
「バークチップのが1粒のサイズが大きく、丸みを帯びている形にできている」、
「バークチップのがシロアリが発生しにくい」と言われています。
ですが、上記でも記述しておりますがシロアリは木材に1cm以上の厚みがないと住処として適さないとされていることに加え、防虫加工を行ったウッドチップ 等もあるのでその差は大きくないと思われるので従来品同士を比較した際は「バークチップのが使用している素材の違いによってシロアリの耐性が少し高い」という違いがあります。

バークチップをウッドチップと比較すると・・・

【結論】植木や庭木のマルチングには「バークチップ」がオススメ!
植木 庭木 マルチング バークチップ 粒が大きい 広い面積にオススメ
【 バークチップ 推奨理由1 】ウッドチップよりも少量で広い面積に敷き詰め可能!
植木 庭木 マルチング バークチップ 粒が大きい 広い面積にオススメ

「バークチップ」を「ウッドチップ」と比較すると1粒が大きくできていて
「植木や庭木のマルチングで広い部分、厚く敷く場合」には「バークチップ」を敷くことで
「ウッドチップよりも1粒当たりの厚みがあるものを敷き詰める」ので広い面積に使用でき、
「ウッドチップよりも必要量を少なく、コストを抑えて敷く」ことが可能です。

【 バークチップ 推奨理由2 】粒に厚みと丸みがあるので形が崩れにくいので安心!
植木 庭木 マルチング バークチップ 厚み 丸み とげ 割れ 発生しにくい

「バークチップ」は「ウッドチップ」と比較して粒に丸みと厚みがあるので
「ウッドチップよりもかけずらくて割れにくく、とげが発生しにくい」ので安心で
敷いた場所から一時的に取り除く場合でもとげが発生しにくいので扱いやすく、
敷いたバークチップの上を犬などの動物が歩いていた場合などでも動物の足や肉球への負担を軽減することで負担を減らすことで怪我をしにくい場所にできます。

バークチップを庭木に使用した使用例はコチラ!

植木 庭木 マルチング バークチップ 使用例
使用したバークチップ期待できる効果敷く厚さ
業務用バークチップ
(黒松バークチップ)
・景観の向上
・敷いた地面や庭木の乾燥防止や保温
・泥はねの防止
・コガネムシの侵入防止
・雑草の発生防止
【ガーデニングの場合】:
厚さ3~5cm程度
【雑草対策の場合】:
厚さ10cm程度

上記の画像は弊社で販売中の業務用バークチップ(黒松のバークチップ)を敷いたものになります。
バークチップを敷く厚さの目安としては植木や庭木のマルチングの場合は厚さ3~5cm程度、
雑草の対策も含めて敷く場合は厚さ10cm程度を目安として敷き詰めると効果的です。

植木・庭木のマルチングには、
弊社 取扱いの下記のバークチップがオススメです!

【イチオシ資材】低価格での高品質を実現した弊社だけのバークチップ!
【関連資材】赤松のバークチップを安価でお探しの方にはコチラ!
関連ページ

造園分野の記事

庭木への施肥方法と時期

ページのトップへ戻る