サイトマップ

農業用 光反射シート 種類と使い分け方

農業用 光反射シートの使用用途について

農業用 光反射シートは主にハウス内の光線不足の解消、収穫物の着色促進、地温の抑制、
雑草の対策などに使用される資材で野菜や花卉、果物の生産に幅広く使用されています。

農業用反射シートの種類(色)について

主に農業用で使用されているシートの色は主に2色で白とシルバー(アルミ)の2色ございます。
2色の反射シートの特徴をまとめると下記のようになります。

農業用 光反射シート 白の特徴

農業用 光反射シート 白
  • 太陽光を乱反射し、光を行き渡らせる白の光反射シートです。
  • 高い遮熱性を持ち、シート周辺の温度と地温の上昇を抑制します。
  • 施工場所としてはハウス内に多く使用されます。
    主にイチゴや花卉、果物などの収穫物の着色(色つき)を良くしたい作物に良く使用され、
    見た目も白く映えるため観光用のハウスでも採用されることがあるようです。
  • 地表近くにも光を当てることで光合成や着色を促進させます。
    光が上手く行き渡らないハウスの光線不足、生育不良の対策 等にも効果的です。
  • また、果樹生産の現場でも採用実績が多く、桃やサクランボなどに短期間展開することで色付きを良くすることができます。
  • ルンルンシート白ピカは白い防草シートの表面に加工を施し、高い反射性と防汚性を確保した反射シートです。
  • 防草シート生地であるため耐久性が非常に強く、上に脚立などをおいても破れにくいため作業性が格段にアップします。

農業用 光反射シート シルバー(アルミ)の特徴

農業用 光反射シート アルミ シルバー
  • 遮水性や断熱性に優れるアルミをフィルム等に融着したシルバーの光反射シートです。
  • 白の光反射シートと同様に高い光線反射率を持ち、直線的に反射する為強い光を必要とする作物や果樹(リンゴなど)に効果的です。
  • 白の光反射シート程ではないですが高い地温の抑制効果を持っています。
  • アルミが光を強い光で反射し、害虫の忌避(アザミウマ類・コナジラミ類)に効果的です。
    ※ 虫の光背反応 = 光に背を向ける習性をかく乱し、方向感覚を狂わせ飛来を抑制します。
  • 施工場所としてはハウス内、ハウスサイド、マルチ 等に使用するのが中心の光反射シートで
    主に害虫の対策を行いつつ、作物の光合成や着色を促進させたい場所に使用されます。
  • アルミ反射シートサニーマルチWはアルミ蒸着面を平織りの繊維に接着した構造で、強度が高くアルミ消失を防ぎます。
  • 軽く作業性がよく、保温性・遮熱性が高いのでオールシーズン使うことができます。

どのような基準で使い分けるのがオススメですか?

施工後の管理を楽に、ハウス内の光線量を上げて収穫物を仕上げるという方は白の光反射シート、
作物の光合成や着色を同時に行いたいという方はシルバーの光反射シートがオススメです。

関連資材
ページのトップへ戻る