サイトマップ

防草シートを敷いたのに雑草が生える理由

防草シートを敷いたのに雑草が生える理由

防草シートをしっかりと敷いたのに雑草が生えてきてしまった…。シートの認知度が高まると共にそんな経験をされている方が増えてきています。しかし一体何が原因なのか?悪かった点は?その理由に迫ります。

雑草の突き抜け

雑草の突き抜け

一つ目は雑草がシートを貫通して生えてくるケースです。
これはシートの繊維の隙間が大きいのが原因です。このタイプのシートは一般的に織布シートと呼ばれ、黒い繊維が縦横に均一に織られた物になります。安価なシートはこの織込みが粗く、隙間が大きいため雑草の芽が潜りこむようにして繊維の間から突き抜け、成長していきます。ホームセンターなどで売られている織布シートでは雑草が突き抜ける場合が多いため注意しましょう。

防草シートの上に雑草が生える

シート上に生える雑草

二つ目はシートの上に雑草が生えるケースです。
これはシートの上に砂や土が溜まり、その僅かな土に雑草の種が飛来し発芽したものになります。一見すると雑草の突き抜けと区別が付きませんが、砂を除ければすぐにわかります。突き抜けと違って、雑草が根付いておらず手でスルっと抜けるため対処も簡単です。シート上に土が溜まってしまうと雑草が発芽するため防ぐのは難しいですが、根が深くまで張らず簡単に抜けるため緊急度は低いと言えるでしょう。

隙間から雑草が生える

隙間から生える雑草

三つ目はシートの隙間、端から雑草が生えてくるケースです。
道端などでコンクリートの隙間から雑草が生えているのを見かけたことがあると思います。アレと原理は全く同じです。対策としては、粘着テープなどの専用資材を使って隙間をぴったりと張り合わせることです。防草シート用ではないテープを使用すると雨風、紫外線などですぐに取れてしまうので注意しましょう。

お探しの方!人気の防草シート3種 特典満載の販売はコチラです

防草シートランキング ボタンボタンボタン
関連資材

雑草の記事

ページのトップへ戻る