サイトマップ

スズメノカタビラの駆除方法 おすすめ除草剤

スズメノカタビラの駆除方法 おすすめ除草剤

お庭や畑、道端などどこにでも生えてくる雑草スズメノカタビラ。株の小ささに加えて、すぐに花が咲くことから根絶が難しいことでも有名です。今回はスズメノカタビラの退治方法とオススメの除草剤をご紹介致します。

スズメノカタビラとは?

スズメノカタビラは春に増えるイネ科の代表的な雑草です。秋から春にかけて発芽し、生育とともに分げつし株を形成します。茎は平たく高さ5~30cmまで成長、踏み付けにも非常に強い構造になっています。春から夏にかけてが開花期となっていますが、日当たりの良い暖かい場所ならば季節問わず花を付けます。そのため種子の落下を防ぐのが難しく、根絶が難しい雑草とされています。
また、芝生と同じイネ科で系統的に非常に似ているため、芝地に多く発生する雑草としても有名です。

スズメノカタビラの駆除方法

スズメノカタビラは根は浅いですが丈が低く、株になっているため大きい物だと手で抜取るのが難しくなります。また、通年花が咲き、種子が落ちるため繰返しの駆除が必要になります。
そこで今回は、手間もかからず費用のかからない除草剤サンフーロンをオススメ致します。サンフーロンは除草剤の中でも最もメジャーなグリホサート系薬剤の一つであり、さらに国内グリホサート系除草剤売上2位と実績にも優れます。また、ジェネリック農薬(製造特許が切れているため製造コストがかからない農薬)のため安く購入できるのも見逃せません。スズメノカタビラにはサンフーロンを100倍目安で希釈してください。また、地面に触れると分解される性質を持っているため、葉や茎に直接かかるように散布してください。(芝地では薬害を生じる恐れがあるため使用しないでください。)

サンフーロン

スズメノカタビラの予防方法

繰返しの駆除はもちろん必要ですが、他の土地からも種子が飛来するため、完全に退治することはできません。スズメノカタビラは前述の通り年中開花し種子を落とすため、完全に予防するためには土の露出を抑えなければなりません。しかし、コンクリートやインターロッキングを全面に敷くと莫大な費用がかかってしまい、現実的ではありません。
そこで当サイトでは防草シートをオススメしております。地表を防草シートで覆い、光を遮断することで種子の発芽を抑えるため初期費用をぐっと安く抑えることができます。個人で施工から撤去まで行えるため人件費もかかりません。また、薬剤などは含まれておらず、空気と水を通すため環境に優しいのもポイントです。しかし、安い防草シートではすぐに破れたり穴が開いてしまう恐れがあるため、ある程度丈夫なシートを選ばなければなりません。価格と機能を両立したエコナル防草シートが良いでしょう。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

スズメノカタビラ退治には除草剤の散布が最適です。丈が低く手では抜きづらいこと、年中種子を落とすため繰返しの駆除が必要なことから、手間と費用を抑えたサンフーロンをオススメしております。100倍に希釈して、葉や茎に直接かけるように散布して下さい。
スズメノカタビラ予防には防草シートが最適です。ただし、安い防草シートではすぐに破れたり穴が開いてしまう恐れがあるため、生地の丈夫なエコナル防草シートをオススメしております。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る