サイトマップ

タンポポの駆除方法 おすすめ除草剤

タンポポの駆除方法 おすすめ除草剤

黄色い花とフワフワした綿毛で馴染み深いタンポポ、しかし非常に退治が難しい雑草としても有名で駆除に悩んでいる方も多くいらっしゃることと思います。今回はタンポポの最適な駆除方法とオススメの除草剤をご紹介致します。

タンポポとは?

タンポポ

タンポポはキク科の多年草(冬になっても枯れずに翌年にまた成長する雑草)です。株より茎が数本~数十本出て、高さ10~50cmまで成長します。葉が地面にへばり付くように成長し、根も深くまで伸びるため、草刈・草抜きでの駆除は非常に難しいと言えます。また、根に栄養を溜めこんでいるため、根から再生する性質を持っています。
日本でよく見られるタンポポは大きく分けて二つに分けられます。一つはセイヨウタンポポ、ヨーロッパ原産の帰化植物です。二つ目は在来種のカントウタンポポです。現在では茎が高く成長するセイヨウタンポポの方が勢力を伸ばし、都市部周辺では多く見られます。見た目が非常に似ているこの二種ですが、総包片(花弁を包む、がくのようなもの)で見分けることができ、反り返りの激しい物がセイヨウタンポポとなります。

タンポポの駆除方法

根が地中に深く伸び、かつ根が残って入れば再生する性質を持っているため、手で抜きとるのは現実的な方法ではありません。
当サイトでは根まで枯らすグリホサート系の除草剤をオススメしております。代表的な存在としてサンフーロンラウンドアップなどが挙げられます。ジェネリック農薬(製造特許が切れて安価で製造できる農薬)で安く購入できるサンフーロンが良いでしょう。サンフーロンラウンドアップともに50倍希釈が目安です。グリホサート系の除草剤は葉や茎から直接浸透する性質を持っているため、葉や茎に向かって直接散布しましょう。

サンフーロン

タンポポの予防方法

ご存知の通りタンポポは綿毛によって種子を飛ばすため、折角処理しても次の年にはまた生えてきてしまった…ということがよく見られます。確実な予防方法はコンクリートやインターロッキングなどでお庭を覆ってしまうことですがコストが膨大になってしまうため現実的ではありません。
そこで当サイトでは防草シートをオススメしております。防草シートは太陽光を遮断することで種子の発芽・生育を抑制するため環境に優しく、かつ個人で簡単に施工できるのがポイントです。ただし、安い防草シートを敷いてしまうとすぐにボロボロになったり穴が開いたりしてしまうので、品質の伴った物を選ばなければなりません。品質とコストのバランスに優れたエコナル防草シートがオススメです。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

タンポポは根から再生する性質を持っているため、手で抜くよりも根まで枯らすタイプの除草剤が良いでしょう。ジェネリック農薬で価格も安い、除草剤サンフーロンがオススメです。50倍希釈が目安となります。葉や茎から浸透するタイプの除草剤なので、地上部に直接かかるように散布してください。
タンポポの予防には防草シートがオススメです。安い防草シートではすぐに破れたり穴が開いてしまうので、品質と価格のバランスに優れたエコナル防草シートが良いでしょう。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る