サイトマップ

ギシギシの駆除方法 おすすめ除草剤

ギシギシの駆除方法 おすすめ除草剤

草刈りを行ってもすぐに、そしてしつこく復活するギシギシ。今回はこのギシギシの効率的な駆除方法とおすすめの除草剤についてご紹介いたします。

ギシギシとは?

ギシギシ

ギシギシはタデ科の多年草(越冬し、翌年も成長する雑草)です。やや湿った水辺や湿地、田んぼの畔を好みますが、基本的には場所を選ばず全国どこにでも自生しています。同じタデ科のスイバとは非常に見た目が似ていますが、葉の基部の形で見分けることができます。丸みを帯びていればギシギシ、矢じり型になっていればスイバです。秋に芽をだし、根出葉を広げて越冬、高さ0.6~1m程まで成長し5~7月にかけて茎先に緑の花の穂を付けます。根から再生する強い生命力を持っており、草刈り程度ではすぐに生えてきてしまいます。しかも根は太く、地中深くまで伸びるため、手で抜くのが極めて困難。大きいスコップを利用しなければ完全な駆除は難しいでしょう。

ギシギシの駆除方法

前述の通り、根が深くまで張ってしまうので物理的にギシギシを駆除するのは非常に難しいと言えます。株が少ないうちは何とかなりますが、群生してしまうととても駆除が追い付きません。そこで今回は根まで枯らすタイプの除草剤をご紹介致します。根まで枯らす除草剤の代表的な存在といえばグリホサート系の物になりますが、その中でも年間売上がトップクラスで効果も安定しているのがサンフーロンラウンドアップです。当サイトではジェネリック農薬(製造特許の切れた農薬)で価格も安いサンフーロンをオススメしております。
散布する際はサンフーロンラウンドアップともに100倍希釈が良いでしょう。グリホサート系の除草剤は土に触れると効果が無くなり、分解される性質を持っているため、薬液が葉や茎に直接かかるように撒きましょう。

サンフーロン

ギシギシの予防方法

折角ギシギシを根こそぎ退治しても種子が飛来すればまた生えてきてしまいます。そこで綺麗なお庭を保つための、ギシギシの予防方法についてご説明致します。ギシギシを防ぐには、種子が発芽しないようにするのと、地中から出てくる芽を抑える必要があります。コンクリートなどで上から覆ってしまっても良いですがコレだと手間も費用も時間もかかり過ぎてしまいます。そこで当サイトでは防草シートをお勧めしております。強力シートを上から張るだけなので施工も簡単、個人で施工から撤去まで行うことができます。さらに大部分のシートは水を透すため排水性について考慮する必要がありません。光の遮断により種子の発芽を抑えるため環境にも優しいの特長です。
ただし、安くて目の粗い防草シート(ホームセンターなどで売られているようなもの)では、すぐにボロボロになってしまったり、生地の隙間から雑草が突き抜けてしまったりするので、品質のしっかりしたシートを選ぶようにしましょう。当サイトでは価格と機能のバランスに優れたエコナル防草シートをお勧めしております。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

ギシギシは根から再生する性質を持っているため草刈りはあまり効果がありません。しかも根は太く長く伸びるため、手で抜くのは非常に難しいでしょう。そこで当サイトでは根まで枯らす除草剤、サンフーロンラウンドアップをお勧めしております。中でもジェネリック農薬で価格も安いサンフーロンがイチオシです。
ギシギシを退治した後の、雑草防止には防草シートがオススメです。個人で施工から撤去まで行えるため、コンクリートやインターロッキングよりも初期費用がかかりません。ただし、安い防草シートでは破れたり雑草の芽が突き抜けたりする恐れがあるので、品質のしっかりしたエコナル防草シートをお勧めしております。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る