サイトマップ

太陽光発電の設置増加

注目される再生可能エネルギー

政府による再生可能エネルギーの固定買取制度が2012年7月より始まり、全国各地でもの凄い勢いで設置されています。
中でも太陽光発電は取り掛かるまでの手続きや、簡易な設備ということから需要が高まり、地方の休耕田や空き地を利用するなどあらゆる場所が発電所になっています。

太陽光発電の設置場所

太陽光発電を設置する場所にも色々とあります。建物が混み合っているような場所では、その建物の屋上や屋根に設置されます。2011年の震災以来一般の住宅でも急な停電でも少量の電力が賄えるようにと屋根にパネルを設置しているケースが増えました。
このような建物に設置する他には、前述しました耕作放棄地や空き地などに大規模な発電施設(メガソーラー)を作るケースがあります。

太陽光発電設置後のメンテナンス

太陽光パネルは概ね寿命が20年程度といわれているので、その間如何に発電効率を設置当初に比べて下がらないようにするかがコスト回収のポイントとなります。
そのためにも、発電量を下げる原因となるパネルの汚れや、雑草による影、その他機器への動物などの接触を避けなければなりません。
パネルの汚れは、主に植物の花粉が付着することで汚れていきます。
動物などによる機械への接触は、発電施設周囲をフェンス等で囲む必要があります。
そしてこの度のまとめで中心的に書いていくことにもなるのが、パネル周囲の雑草対策です。

売れ筋の防草シート3種 特典満載の販売はコチラ

長持ちする防草シート 防草シートランキング ボタンボタンボタン
防草シート 見積り
関連資材

太陽光発電の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る