サイトマップ

熱湯は雑草対策に有効?

熱湯は雑草対策に有効?

除草剤のような化学成分がなく、環境にも優しいということで熱湯で雑草対策をされる方が増えていますが実際のところどれ程の効果があるのでしょうか?今回は熱湯による雑草対策をプロの目線で解説致します。

なぜ熱湯で雑草が枯れるのか?

まずはもっとも基本的な熱湯により雑草が枯れる理由です。身もふたも無い言い方ですが、これは熱により枯死しているためです。バーナー等で焼いているのと同じ原理になるため、より効率よく熱を伝えることが重要となります。

熱湯で雑草対策は有効?

熱湯は間違いなく効果がありますが、雑草を枯死させるためには散布方法にも気を付けなければなりません。地面から露出している地上部は比較的簡単に枯れるのですが、根の部分まで枯死させるのは難しいのです。地中まで熱が伝わるよう、十分な量の熱湯を撒かなければなりませんし、根が横に広がり群生するタイプの雑草には広い面積に撒く必要があります。つまり、熱湯は根まで枯らさなければならない雑草とは相性が悪いといえます。

熱湯による雑草対策が有効な場面

インターロッキングやコンクリートの隙間から生えてくる雑草に有効です。手では抜きづらく、根まで処理するのは中々難しいのですが、熱湯をたっぷりかければ根まで取り除けるでしょう。また、こういった場所の雑草は草丈が大きくならないのもポイントです。

熱湯による雑草対策が不向きな場面

庭や空き地など、広い面積の雑草防除には向いていません。こういった場所の雑草を熱湯で処理しようと思ったら、ドラム缶数個分の熱湯を用意しなければなりません。費用の面から見ても除草剤の方が安上がりだと言えます。

熱湯を使う際の注意

何といっても注意しなければいけないのが持ち運びです。ご家庭でお湯を沸かすとなれば、鍋やヤカン、ポットなどですがこれらをキッチンからお庭へ運び、雑草にかけるというのは予想以上に危険なもの。前述した通り、熱湯が大量に必要になるため何度も往復しなければなりませんがこの間にこぼして火傷をしてしまうリスクもあります。考え方によっては除草剤の方が遥かに安全だと言えます。 また、熱湯は雑草のみならず土壌中の細菌にも影響を与えるため、雑草処理後に 植物の栽培を考えている場合は不向きと言えます。

まとめ

熱湯による雑草対策は何と言っても火傷のリスクの高さにあります。また、湯を沸かす費用と雑草防除効果は全く吊り合いません。熱湯は環境に優しく、手軽にできる方法と考えがちですが、手間やリスク・費用対効果を考えると必ずしも最適とは言えません。

エコナル バナー ザバーン バナー
関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る