サイトマップ

ドクダミの駆除方法 おすすめ除草剤

ドクダミの駆除方法 おすすめ除草剤

旺盛な繁殖力と、独特の悪臭が特徴的なドクダミ。お茶や薬用にと様々な用途に使用されますが、厄介な雑草としてお困りの方も多くいらっしゃいます。今回はドクダミの効果的な駆除方法とおすすめの除草剤、繁殖の予防法についてご説明致します。

ドクダミとは?

ドクダミ

ドクダミはドクダミ科の多年草(冬になっても枯れない雑草)で、溝や水路、道端、住宅周辺など日本全国に自生しています。中でも特に半日陰の場所を好みます。全体に強い悪臭があるのが特徴。高さ15cm~30cmまで成長し、6~8月にかけて茎の上部に白い花を付けます。
地下茎(根のようなもの)を横に伸ばして繁殖し、根から新たな茎を伸ばして増えて行きます。繁殖力が非常に強く、ちぎれた根からでも再生するため、防除が難しい雑草としても有名です。

除草剤を使ったドクダミの駆除方法

前述の通り、根の一部からでも再生する性質を持っているため、手や重機による草取りはオススメできません。(物理的に除去するならば、造園業者様が行うように表土数十cmを根こそぎ取り払い、ドクダミの混入していない新しい土を入れる方法が確実です。)
そこで当サイトでは根まで枯らすタイプの除草剤をオススメしております。グリホサート系の除草剤は葉から入って根まで枯らす性質をもっているためドクダミの駆除に最適です。サンフーロンラウンドアップなどが有名ですが、ジェネリック農薬(特許切れで安価に製造できる農薬)で価格も安いサンフーロンが特にオススメです。
サンフーロンラウンドアップともに50~25倍に薄めて使用しましょう。中々枯れない場合には25倍に濃くして散布するか、繰り返し撒くのが望ましいです。グリホサート系の除草剤は土に触れると分解される性質を持っているため、土や根に向けて撒くのではなく、葉や茎に向けて散布しましょう。

根まで枯らすサンフーロン

ドクダミの予防方法

ドクダミは非常に繁殖力が強いため、全て枯らさなければなりませんが庭に生えた物を一度に全て処理するのは本当に大変。また、種子の飛来でも繁殖するため全て駆除しても安心できません。そこで当サイトではドクダミの予防として防草シートをお勧めしております。コンクリートやインターロッキングでももちろん予防できるのですが、施工の手間・費用が非常にかかります。防草シートならば個人でも施工・撤去ができるためオススメです。防草シートは光の遮断により雑草の発芽・生育を抑えるため、薬剤による防除と違い環境に優しくペットやお子様にも安心です。多くのシートは水と空気を通すため、環境に負担をかけません。
ただし、ホームセンターなどで売られているような安価な防草シートは生地が薄く、ドクダミが突き抜けて生えてきてしまう恐れがあります。そこで当サイトでは価格と機能のバランスに優れたエコナル防草シートザバーン240BB防草シートをお勧めしております。一度の施工で雑草自体を数年間しっかり抑えるため、草取りの手間からも解放され、長い目で見れば非常にリーズナブルな資材となっております。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

ドクダミの駆除にはグリホサート系の除草剤、サンフーロンラウンドアップがオススメです。中でも安価に購入できるサンフーロンが良いでしょう。また、ドクダミの増殖・発生防止には防草シートの施工がオススメです。価格と機能の面から、エコナル防草シートザバーン240BB防草シートが最適でしょう。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る