サイトマップ

オオバコの駆除方法 おすすめ除草剤

オオバコの駆除方法 おすすめ除草剤

人の通り道に多く生えるオオバコ。踏みつけに大変強く、また地面にぴったりとくっついているため抜きづらいことでも有名なこの雑草。今回はオオバコの駆除方法と、退治に最適な除草剤をご紹介致します。

オオバコとは?

オオバコ

オオバコはオオバコ科の多年草(冬になっても枯れずに翌年また成長する雑草)。畑、庭、道端などいたる所に自生しています。葉は根ぎわから広がり地面を這うように伸びます、葉の中にくっきりした脈が走っているのも特徴。踏みつけに大変つよく、人が踏み固めた場所に多く生えてきます。反対に土の柔らかい所では、背の高い雑草に光を遮られて成長できないため、あまり見かけません。4~6月に10cm~20cm程の細長い茎を伸ばし、花穂をつけます。種子は濡れると粘液を出し、靴やタイヤなどに貼り付いて広がっていきます。このため、人の行動範囲に多く見られます。

オオバコの駆除方法

オオバコは非常に生命力の強い雑草のため、効果の弱い除草剤では黄化はしても完全に枯らすことはできません。当サイトでは除草剤のスタンダードであるグリホサート系除草剤、その中でも国内売上トップクラスのラウンドアップサンフーロンをオススメしております。中でもジェネリック農薬(製造特許が切れて安価に作れる農薬のこと)のサンフーロンが効果と価格のバランスが良くオススメです。サンフーロンは50倍~100倍希釈、ラウンドアップは50倍希釈で散布して下さい。グリホサート系除草剤は土に触れると分解される性質を持っているため、地面や根に向かってかけるのではなく、葉や茎に直接かかるように散布して下さい。

サンフーロン

オオバコの予防法

前述しました通り、オオバコは人の通り道に発生してくるため非常に厄介です。コンクリートやインターロッキングを敷けば、雑草の発生を抑えつつ道も整備されて一石二鳥なのですが、手間も費用も時間もかかるため簡単には施工できません。そこで当サイトでは防草シートをオススメしております。防草シートは光の遮断により雑草の発芽を抑えるため環境に優しく(水と空気は通します)、個人でも施工から撤去までできるため費用も抑えられてオススメです。ただし、人の通行が多い場所では防草シートの劣化も早く、ホームセンターなどで売られている安い(薄い)防草シートではすぐに破れてしまう恐れがあります。そこで、当サイトでは生地が厚いザバーン防草シートをオススメしております。防草シートの上に砂利を敷くことができれば、より防草効果が長持ちするでしょう。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

オオバコは基本的に除草剤が効きづらい雑草ですが、除草剤サンフーロンならばしっかり枯らすことができます。100倍希釈が基本ですが、効果が現れない場合には50倍希釈で散布してください。
またオオバコの予防には防草シートがオススメです。安いシートでは生地が薄く、人の往来によりすぐ破れてしまうため、生地の厚いザバーン防草シートがオススメです。防草シートの上から砂利を敷くことができればより防草効果が長持ちします。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る