サイトマップ

除草剤の選び方

除草剤の選び方

除草剤にも直ぐ効く、播くだけなどたくさんありますがどれを選べばいいでしょうか。ここでは除草剤の選び方についてまとめます。

茎葉処理型・土壌処理型

よく流通している除草剤は、
すでに生えている雑草を枯らしたいなら「茎葉処理型」、これから生えてくる雑草を防ぎたいなら「土壌処理型」の2種類を使い分けましょう。

茎葉処理型の除草剤

茎葉処理剤は散布された薬剤が茎や葉の表面から吸収され、雑草を枯らします。
代表的なのはグリホサート塩を主成分としたラウンドアップなどで、根や樹の木質化した幹からは吸収されず、
かかった植物だけ枯らすので、葉にかからないよう注意すれば果樹の下草除草にも使われるほど。
ただし、葉にかかった植物はすべて枯れてしまうので芝生に混じって生える雑草には使えません。芝生には芝用除草剤と書かれているものを使いましょう。 ⇒芝用除草剤の専門サイト

土壌処理型の除草剤

土壌処理剤は土の表面に残り、発芽した種子が育たないようにすることで雑草が生えてくるのを防ぎます。
農業分野では水田(水稲用除草剤)で非常に良く使われています。水稲用除草剤は田植えした稲の苗を枯らさずに後から生えてくる雑草を抑えるように開発されているのです。
一般向けには簡単にまける粒状タイプのものがよく売られています。こちらは「非農耕地用」の「非選択性除草剤」で鉄道や道路のために開発されたもの。
つまり、野菜などの有用植物はもちろん、庭木などにも薬害があるのでまく場所に気を付けましょう。

整理してみましょう

種類使用時期主な使い方効果期間備考
茎葉処理剤雑草の成長期雑草に散布1~2ヶ月種に効果がないので新たに芽は出る
土壌処理剤雑草発生前地面に散布~6ヶ月草丈が大きくなると効きにくくなる

比較すると

使い分け図

まとめ

既に雑草が生えているときは茎葉処理剤を使いましょう。草陰に隠れていた種が芽吹いたらもう一度散布することで雑草が生えてこなくなります。
もし付近に有用植物を育てている場所がない・自分で植えるつもりもない場所には土壌処理剤を使って省力化することもできます。

除草剤のマメ知識

上手に使えば雑草との付き合いの手間を大幅にカットできる除草剤。より効果的に、安全に使うために知っておきたい情報をまとめました。

農耕地用・非農耕地用

除草剤は農薬ですから、農薬取締法に基づき国に農薬登録をされています。
農薬の登録の為には薬効の他、作物への薬害・残留性、動植物への毒性・影響などを調べる試験を受け、問題ないと判断される必要があります。
そして農作物に使えるのが「農耕地用」で、樹木などに限定されているのが「非農耕地用」となります。
農作物の試験をするには莫大な費用や時間がかかるため、特許の切れた農薬有効成分を使って農作物には試験を行わず「非農耕地用」で安価で販売している製品もありますが、
製法や添加物が異なるので同じ系統の成分でも「非農耕地用」は農地に使ってはいけません。

「非農耕地用」は駐車場など周囲に家庭菜園などがない場所にのみ使えます。
水田の近くで「非農耕地用」除草剤を使って稲が枯れてしまったなどのニュースを目にしたことがあるかもしれません。
粒剤タイプ(土にしみ込んで長く効くタイプ)の除草剤を使う時は周囲の環境をよく確認してください。

サンフーロン

まとめ

雑草の処理は大変ですが、茂みがあると虫の住処やご近所の苦情などの原因。特に夏は気になりますね

除草剤と聞くと身構えてしまいますが、使い方を守って効果的に使って下さい。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る