サイトマップ

太陽光発電の雑草対策

なぜ太陽光発電に雑草が大敵なのか

太陽光パネルでも野立てといって、整地した土地に架台を設けそこへパネルを設置する方法があります。
この場合にパネルと地面の距離が近いことが雑草を考慮しなければならなくなる理由です。雑草が伸びてくるとパネルに影を落としたり、パネルの上に覆いかぶさってきます。
すると直列で電流が流れているパネルに均一に電力が通らなくなることで部分的に負荷がかかり故障の原因となってしまいます。

現在とられている対策

以上の様な理由により多くの野立ての太陽光発電の現場では、雑草対策が考えられ行われています。
主な方法は下記のとおりです。

  • 草刈り機による草刈り
  • 除草剤の散布
  • 砕石の敷設
  • 砕石と防草シートの併用
  • 防草シートの敷設
  • コンクリート舗装

それぞれの防草対策について

草刈り機による草刈り
コストは低いですが、年に2回程度は行う必要があるということ、また配線等に十分に気を配る必要があります。
除草剤の散布
草丈が低ければ作業性は良いと思います。ただ薬剤なので使用する場合に近隣への配慮や残留するタイプの薬剤の場合には雨水による農作地、水脈への流出を気を付ける必要があります。
砕石の敷設
設置当初は綺麗な景観と共にしっかりとした発電所が造れます。しかし時間が経つにつれて砕石が徐々に土中に埋没し雑草も普通に生えてきてしまいます。
砕石と防草シートの併用
初期のコストが膨らみますが、全面コンクリートにするよりも安価で済み、長期間の防草が可能です。飛来した種子が発芽した場合は処理が必要になりますが容易に処分できます。
防草シートの敷設
初期のコストが膨らみますが、雑草を長期間抑えることができます。それなりの機能のものは価格も張るので、できるだけ安くて長期間使用できるものが好まれます。
コンクリート舗装
初期のコストが膨らみますが最も安定した防草効果があります。しかし通常野立ての太陽光発電は、土地の所有者から一定の期間借りて設置しているため、20年後には原状回復するという契約になっていることが多いです。そのため後の撤去が面倒なことも考慮されます。

この様に雑草対策というだけでもいくつもの方法が挙げられます。それではどの方法なら上手くいくのでしょうか。次の回で書いていきます。

売れ筋の防草シート3種 特典満載の販売はコチラ

長持ちする防草シート 防草シートランキング ボタンボタンボタン
防草シート 見積り
関連資材

太陽光発電の記事

防草・除草資材

ページのトップへ戻る