サイトマップ

雑草ハマスゲ(コウブシ)の駆除方法 おすすめ除草剤

雑草ハマスゲ(コウブシ)の駆除方法 おすすめ除草剤

防除の難しい雑草として有名なハマスゲ(コウブシとも呼ばれます)。芋のような根の塊によって繁殖するため、草刈では取り除くことができません。ハマスゲの効果的な退治方法とオススメの除草剤についてご説明致します。

ハマスゲ(コウブシ)とは?

ハマスゲ

ハマスゲはカヤツリグサ科の多年草(冬になっても枯れない雑草)、古くは生薬として使われコウブシとも呼ばれています。日当たりの良い、あたたかい場所を好み、畑地や樹園地における世界的な強害雑草として有名です。地中に芋のような塊茎をがあり、地下茎の先に新たな茎塊を作ることで繁殖していきます。この性質のため、地上部だけ刈り取っても根から再生してしまうため、防除が困難な雑草とされています。茎は細く硬く直立するように成長し、高さ15~40cmまで伸びます。7~10月に茎の先に濃褐色の小さな花穂を付けます。

ハマスゲ(コウブシ)の駆除方法

前述のとおり、芋のように根の塊を作ることで繁殖していくため草抜き、草刈りで駆除することはほぼ不可能です。スコップなどで根ごと抜取れれば良いですが、余すことなく全部抜取るのは非常に難しいと言えるでしょう。
そこで今回は根まで枯らすタイプのグリホサート系の除草剤をご紹介致します。代表的な存在としてサンフーロンラウンドアップなどが挙げられます。製造特許の切れた薬剤をジェネリック農薬として製造販売しているサンフーロンが価格も安く、効果も安定していてオススメです。サンフーロンラウンドアップともに50倍を目安に水で希釈すると良いでしょう。グリホサート系の除草剤は葉や茎から吸収される性質を持っているため、葉や茎に直接かけるように散布しましょう。
以下の写真は実際にハマスゲにサンフーロンを散布した時のものになります。サンフーロン散布から二週間で写真のようにしっかりと枯らすことができました。

ハマスゲ

ハマスゲの予防方法

ハマスゲの予防するためには、種子の飛来・発芽を防ぐ、(隣の土地から)根が繁殖してきて芽を出すのを防ぐ、この二つが重要です。最も効果的な予防法はコンクリートやインターロッキングなどですが、全面に敷くとコストが爆発的に増えるため現実的ではありません。
そこで当サイトがオススメしているのが防草シートです。地表に防草効果を持ったシートを敷くことで雑草の発芽を抑えるため、施工が簡単で個人でも敷けるのが魅力の一つです。ただし、安い防草シートを敷いてしまうとすぐ破れたり、雑草の芽が生地の隙間から突き抜けて生えてきてしまうため、品質のしっかりしたシートを選ばなければなりません。価格と機能のバランスに優れたエコナル防草シートがオススメです。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

ハマスゲは地中に芋のような根を作るため、草抜き・草刈りでは退治できません。根まで枯らすグリホサート系の除草剤、サンフーロンの使用がオススメです。50倍に希釈して葉や茎に直接かかるように散布しましょう。
ハマスゲの予防には防草シートがオススメです。ただし、安い防草シートではすぐに破れてしまうため、品質のしっかりしているエコナル防草シートをオススメしております。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る