サイトマップ

笹(ササ)の駆除方法 おすすめ除草剤

資材販売サイト

笹(ササ)の駆除方法 おすすめ除草剤

笹 雑草 除草 防除

竹ほど大きくは成長しないけれども地下茎で増える厄介な植物、それが笹(ササ)です。普通の雑草よりも遥かに強靭で防除困難なこの植物にお困りの方も多数おられることでしょう。今回は笹の駆除方法について解説致します。

竹と笹(ササ)はどう違うの?

笹 雑草 竹 違い

厳密に述べると、成長するに従い皮が剥がれツルツルになるのが竹、成長しても皮が残るのが笹(ササ)です。しかし我々駆除する側の人間から見ると、大きい物が竹、小さい物が笹、ぐらいの認識で良いと思います。ともに地下茎(土中の根)により横方向に伸び、繋がっている根から何本も芽を出します。一本だけの処理しても後から後から生えてくるため表面の処理だけでは根本的な解決にはなりません。

竹と笹(ササ)に効くおすすめの除草剤は?

・【オススメ】根まで枯らす除草剤サンフーロン
竹、笹ともに根まで枯らすグリホサート系除草剤が効果的で「サンフーロン」がオススメです。

除草剤 サンフーロンの主な効果と特徴

除草剤「ラウンドアップ」のグリホサートを主成分としたジェネリック農薬で
葉面散布で成分を葉から吸収させて雑草を根まで枯らすことが出来る除草剤です。
安全性が高く、土に成分が残らないので人や環境にも優しくできています。

竹と笹(ササ) 除草剤 サンフーロンでの駆除方法

除草剤 サンフーロン 笹 雑草 処理方法 違い

竹は非常に生命力が強いため、幹に穴を開け原液を注ぎこんで枯らします。しかし、笹の場合は幹が非常に細いため、原液注入ができません。こういった場合はサンフーロンを30倍希釈にて散布しましょう。この時、葉にかけるように散布するのが理想的なのですが、笹の葉は水を弾きやすいのでジョウロよりも噴霧器などで散布した方が望ましいです。笹の背が高く、上部まで散布できない場合は一度刈り取ってしまい、再生し始めた所に除草剤を散布すると良いでしょう。
※ 竹の場合は枯れるまでに1か月程度の時間がかかる場合がございます。

除草剤 サンフーロンは経費(コスト)を抑えたい方にオススメ!

除草剤 サンフーロン ラウンドアップ 価格   

ジェネリック農薬とは「オリジナルの薬剤と同等の成分、効果がある農薬」のことです。
除草剤「サンフーロン」は除草剤「ラウンドアップ」のジェネリック農薬で価格が安価に設定されている除草剤なので「経費(コスト)を抑えたい方」に最適な除草剤です。
また、散布後の雨に降られても大丈夫な時間は、現在流通している「ラウンドアップマックスロード」の方が短くて済むのですが、その点を考慮して散布すれば、しっかりと雑草を枯らすことができますので安心して「サンフーロン」をご使用頂けます。

竹と笹(ササ)の駆除方法をまとめると・・・

笹、竹は根により繁殖するため、根まで枯らす除草剤が効果的です。笹は竹とは違い、幹への原液注入ができないため、ラウンドアップやサンフーロン(30倍希釈)などの濃いめの希釈液の散布を行います。これらの除草剤は葉や幹から吸収されるため、表土に散布するのではなく植物自体に直接かかるように散布しましょう。

関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る