サイトマップ

ヨシ(葦、アシ)の駆除方法 おすすめ除草剤

ヨシ(葦、アシ)の駆除方法 おすすめ除草剤

ヨシ(葦、アシ)は大群落を作る代表的な雑草の一つです。古くから簾や茅葺屋根など有効活用されている側面もありますが、繁殖力・生命力の強い雑草としても有名です。河原に大群落を作っている様子は皆さん一度は見たことがあることと思います。

ヨシ(葦、アシ)とは?

ヨシ

ヨシはイネ科の多年草(冬になっても枯れない雑草)で、沼や池、川岸、水路、水田などの湿地に大群落を作って生育します。5~10月にかけて成長し、暑い夏程よく伸びるとされています。直立するように茎を伸ばし、高さ2~3mまで成長します。太い根(地下茎)があり、横に這って節から芽を出し増殖していきます。
根から増殖する性質を持っているため、地上部を刈り取る・枯らせるだけでは処理しきれず、後から生えてきてしまうパターンが多く見られます。このため、除去が非常に難しい雑草とされています。

除草剤を使ったヨシ(葦、アシ)の駆除方法

根から再生する性質を持っているため、根まで枯らすタイプのグリホサート系の除草剤を使用しましょう。具体的にはサンフーロンラウンドアップがオススメです。ヨシは通常の雑草よりも生命力が強いため、除草剤を濃いめに希釈して散布するのが良いでしょう。(メーカー表記ではサンフーロンラウンドアップともに50倍希釈とされています。)
この二つの除草剤は葉の表面や茎から吸収され植物に作用する性質を持っているため、地上部にかかるように散布しましょう。土と混ざると分解されてしまうためご注意ください。ヨシが大きく育っていると一度の除草剤散布では枯れない場合があります。(大きく成長すると生命力が強くなるためです)その時は繰返し2~3回散布するか、一度刈り取って葉が再生し出した所に散布してみてください。葉に刷毛で直接塗るのも効果的です。

サンフーロン

ヨシ(葦、アシ)の予防方法

ヨシは8~9月に花穂を付けるとされるため、種子が落ちる前に駆除すると良いでしょう。

また、防草シートなどを使い「発芽できないようにする」「地下茎から芽が出ないようにする」のも非常に有効です。もちろんコンクリートやインターロッキングなども効果的ですが、手間も費用もかかることからここでは防草シートを オススメしております。(雑草の処理さえしてあれば個人でもシートの施工・撤去することが可能です。)ただし、ホームセンターなどで売られているような安価な防草シートではヨシの葉が突き抜けて生えてくるため(イネ科 雑草のため葉先が尖っているのです。)品質のしっかりした防草シートを使用しましょう。当サイトではコストと機能に優れ、実績も有るエコナル防草シートとザバーン防草シートをオススメしております。

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン
関連資材

太陽光発電

雑草の記事

お庭に生える苔・藻類

防草シート

芝生

その他造園資材

ページのトップへ戻る