サイトマップ

セイタカアワダチソウの駆除方法 おすすめ除草剤

セイタカアワダチソウの除草と防除に最適!

セイタカアワダチソウ 雑草 除草 防除 サンフーロン エコナルセイタカアワダチソウ 雑草 除草 除草剤 サンフーロンセイタカアワダチソウ 雑草 防除 防草シート エコナル

セイタカアワダチソウの駆除方法 おすすめ除草剤

毎年10月頃に黄色い花を咲かせるセイタカアワダチソウ。空き地や土手に大群落で発生し、2mを越える大きさにまで成長するこの雑草に頭を悩ませている方は多く、強害雑草の一つとして数えられます。今回は厄介なセイタカアワダチソウの駆除方法と発生の予防に付いて説明致します。

セイタカアワダチソウとは?

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウはキク科の多年草(冬になっても枯れない雑草)で、北アメリカ原産の帰化植物。河原や土手、空き地に群生し、大きい物では3mを越す高さにまで成長します。秋頃に枝先に黄色い花を付けるため、セイタカアワダチソウが一面に黄色く花咲く光景はなじみ深いものと言えるでしょう。種子による繁殖のほか、地下茎でも増えるため一か所に大群落を形成する場合が多く見られます。また、アレロパシーという他の植物の生長を阻害する物質を根から放出することでも有名です。長年セイタカアワダチソウが群生している土地では土壌にアレロパシーが蓄積し、植物が育ちにくい土壌になることも確認されています。

セイタカアワダチソウの駆除方法

セイタカアワダチソウの駆除は基本的に手で抜くのはオススメしません。地下茎が残っていると再生する性質を持っており、地上に見える部分を抜取っても根が残っていればまた生えてきてしまうためです。最も手間も費用もかからない駆除方法はグリホサート系の除草剤です。有名なものではラウンドアップなどが挙げられますが、同じ性質で安価なサンフーロンもオススメです。これらの除草剤は葉から浸透し根まで枯らすタイプの除草剤なので、セイタカアワダチソウの根まで処理するのに向いています。

根まで枯らすサンフーロン サンフーロン

除草剤を使用したくないという方には、地上部を抜取ってから表土を掘り起し入れ替える作業がオススメです。(根ごと土を入れ替える方法、造園業者さんがよく行っています)

セイタカアワダチソウの予防

地下茎により繁殖する性質を持っているため、何といっても近くにセイタカアワダチソウが無いことが重要です。小さいうちに処理するよう心がけましょう。
また種子の飛来にも気を付けなければなりません。「砂利を敷く」「発芽抑制剤を撒く」などの対応が必要になります。オススメは「防草シート」の施工です。一度の施工で数年間雑草を抑制するほか、日光の遮断により発芽を抑えるため環境に優しいのも特徴です。(ただし、安価なシートでは生地の目合いから雑草が突き抜けて生えてくる場合があります。)

オススメはエコナル防草シート

防草シートを初めて敷く方にオススメなのがエコナル防草シートです。価格と機能のバランスが抜群に良いのが特徴です。値段が高すぎず、かつ優れた防草効果を発揮します。高密度不織布シートのため、スギナ・チガヤなどの厄介な強害雑草もキッチリガードします。

エコナル

ザバーン防草シートも人気!

もう一つの人気のシートがザバーン防草シートです。世界TOPブランドの商品のため、とにかく実績豊富なのが特徴です。日本だけでなく、世界でその効果が認められています。また、240タイプはエコナルと比べて厚手で丈夫なのも見逃せません。長持ちする物を選びたいという方にオススメです。

ザバーン

まとめ

セイタカアワダチソウの駆除は根まで取り除く必要があり、今回ご紹介したのは根まで枯らすタイプのグリホサート系除草剤「ラウンドアップ」「サンフーロン」でした。根が残っていると再生するため最後まで気を抜かずに処理することが重要です。
セイタカアワダチソウの予防には「防草シート」がオススメです。一度の施工で数年間雑草を抑えること、環境に優しい点がポイントです。

関連資材
ページのトップへ戻る